ワイシャツの黄ばみをキッチンハイターで落とす方法

この記事は3分で読めます

会社の上司が・・「襟汚い〜〜〜〜!!!」

せっかくいい人なのに・・・なんか残念
爽やかな笑顔を襟の汚れが汚してます(泣)(泣)(泣)

でも襟が黄ばんでる人って結構いますよね。
もしかしたら黄ばみの落とし方を知らない方も多い?

そこで今回はワイシャツの黄ばみの落とし方をご紹介します。

色々研究して襟も袖も真っ白に出来たので、
その方法を大公開しちゃいます!

Sponsored Links

ワイシャツの襟についた黄ばみを落とす方法

ではでは、私が試して効果的だった襟汚れの落とし方、
さっそくおつたえしてきますよ〜〜!

まずは準備編です!

準備するもの

  • 上司の(笑)ワイシャツ
  • 歯ブラシ
  • キッチンハイター
  • 酸素系漂白剤
  • 重曹
  • お湯 40℃以上
  • バケツ

どれも一般のご家庭にあるモノなので揃えやすいですよ。

重層がなければ薬局に売ってますので、
店員さんに「重層くださ〜い!」って言ってみて下さい。

 

「液体タイプと粉タイプがありますが?」と聞かれたら、
どちらでも良いですが、とりあえず粉が無難です♪

 

重層を使うとコップの汚れ(コーヒーやお茶で茶色くなったやつ)
もピッカピカになりますよ♪

 

コップにお湯を入れて重層を入れとくだけです。

では次にワイシャツの汚れを取る洗濯方法をご説明します。

洗濯の方法

しっかり準備ができたら、

  1. ワイシャツの襟をお湯で軽くで濡らし黄ばんだ部分にキッチンハイターをたらしたら、
    手で軽くもみ洗いをして、キッチンハイターを生地になじませます。
  2. 歯ブラシを使って、キッチンハイターをよく泡立てながら、襟元の黄ばんだ部分を丁寧にブラッシングします。
    ブラッシングする時、力を入れてブラッシングしすぎると、生地が傷んでしまうので、
    優しくブラッシングしてください。
  3. 泡が立って泡と一緒に、黄ばみが浮いてきたら、ぬるま湯でざっくりと泡を洗い流します。
  4. 用意してあるバケツに、酸素系漂白剤、重曹を同じ割合で入れ、
    そこにワイシャツが浸かる量の40℃以上のお湯を入れます。
    十分溶かして泡立ててから先ほどのワイシャツを入れて、約30分程度、浸けて置きます。
  5. 30分経過したら、そのまま洗濯機に入れて、いつもの通りに洗濯してください。

この手順でお洗濯してみて下さい。
※黄ばみが落ないようなら、3の工程からもう一度、行ってみてください。

※ブラッシングや浸けおきの時、お湯を使うのは
油である皮脂を浮かせて、溶け出しやすくする為です。

 

真っ白になったワイシャツに感動!するはずです。

Sponsored Links

ただ、放っておいたらまた汚れてしまいます。
素敵な上司も汚れた上司に元通り。(泣)

ワイシャツを清潔に保つ為の裏技も学んでいって下さい♪

黄ばみを未然に防ぐ方法

黄ばみが出る前の対処法をご紹介します。

実は脱いだワイシャツは溶かした漂白剤液に浸けておくだけで皮脂汚れを落としてくれます。
丸1日ぐらいは漂白剤に浸けたままでも問題はありません。

 

なので例えば、夜にお風呂に入る時にワイシャツを漂白剤に浸けて置いて、
翌朝に一気に洗濯してしまうと手間は大分省く事が出来ます。

ワイシャツの黄ばみの原因

原因は皮脂の付着が原因です。
そして、皮脂とは、皮膚の内部にある皮脂腺で作られた脂肪や糖分が、毛穴から体外に排出された油です。

 

体液ともいえる皮脂は、そのまま放置しておくと雑菌が繁殖して、体臭や加齢臭の元になります。

他に皮脂汚れがつきにくくする方法として、

【襟に糊ずけをしておく】【襟にベビーパウダーを付けて置く】などの方法もありますが、
ベビーパウダーは脂分を吸収しすぎてしまうと、襟が首の周りの皮脂膜を傷つけてしまいます。

 

皮膚が擦れてしまう方もいると思うので、
休日等に一度試してから実行する事をオススメします。

 

また、大人とはいえ自分の肌に合うものと合わないものもありますから、
購入する時は気を付けてくださいね。

 

 

襟の糊ずけですが、アイロンを使わないものやスプレータイプのもの、
襟元が固くなりすぎないもの等いろんな種類があるので、
こちらはお好みで購入されてかまいません。

 

皮脂が糊に付くので、洗濯の際には糊と一緒に皮脂を洗い流してくれます。

 
097026
 

皮脂膜は肌の適度な保湿をし肌をガードするものなので、
ドラッグストア等に売っている、汗をさっぱり拭き取るウェットティッシュ等で汗を拭き取り、
常に清潔にする方が私は良いと思います。

 

首周りがひりひりしてたら、仕事中も気になって集中する事ができません。

また何日も同じシャツを着ていると、雑菌により
首周りが痒くなったり、赤くなったり、湿疹ができたりと、
皮膚にも悪い影響が出てしまうのでしっかりスッキリと落としたいですよね。

083536

ワイシャツの黄ばみの落とし方まとめ

ワイシャツの黄ばみの落とし方はお分かりいただけたでしょうか?

 

ポイントは、

  • お湯を使って油を浮かす
  • 歯ブラシを使う場合は優しくブラッシングする
  • 酸素系漂白剤と重曹の洗濯液に30分以上浸けておく

また、ワイシャツが黄ばんでしまう前に、
脱いだワイシャツは洗濯機にかける前まで、
漂白剤と重曹の洗濯液に浸けておく事も重要です。

 

 

今回の漂白に使う酸素系漂白剤ですが、漂白や除菌、消臭以外にも、用途があります。
この漂白剤はお湯で溶かすともこもこと泡は立ちますが、
この泡で排水口のつまりを洗浄してくれるのです。

 

また、酸素漂白剤を使ってお洗濯すると、
活性酸素の働きによって、洗濯槽のお掃除にもなるんです。

 

清潔な洗濯機でしっかり汚れも落ちるなら、ちょっと得した気分になりませんか?

黄ばみがとてもひどくなってしまったら仕方ないですが、
せっかくの休日に洗濯機の前で一人淋しくワイシャツの襟を歯ブラシでゴシゴシする事態は出来るだけ避けたいですよね。

【おすすめ洗濯関連記事】
Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links