与党と野党の違いを3つのポイントで超わかりやすく解説!

この記事は3分で読めます

与党とか野党とかねじれ国会とか・・意味不明じゃないですか?

政治の事って何であんなにややこしんでしょうか?

 

ただ、大人になったからには与党と野党の違いくらいは分かっていないと会話についていけない時があります。

 

中学生の時、社会の公民でやったな〜・・。
あの時しっかり学んでおけばよかった・・。

 

そんな事を思ったところでしょがない。
そこで今回は与党と野党の違いについて調べてみました。

 

すると案外簡単だったのでわかりやすくシェアしたいと思います^^

Sponsored Links

与党と野党の違いとは?

与党と野党の違いを簡単に説明すると
与党が政権を担当するグループで、野党がそれ以外全てのグループの事です。

 

現在で言ったら

  • 与党が自民党とその仲間のグループ
  • 野党が民主党を筆頭とする他の党

です。

 

 

ちなみに、与党が内閣を作って総理大臣が選ばれます。
ここまでOKですか?

 

  • 政権を握っている政党のグループが与党
  • 握っていない政党は全て野党

ですね。

 

ところでねじれ国会って聞いた事ありますか?

Sponsored Links

これ一時期かなり騒がれたんですが、この辺を理解しておくと全然レベルが変わってくるので、簡単に説明したいと思います。

 

参議院と衆議院?ねじれ国会って何?

参議院と衆議院て聞いた事ありますよね?

 

法律を決める時って、まずは参議院で
「こんな法律いいんじゃないですか〜?」
とか
「この法律はやめきましょう。」
と、法律を作るかどうするか決めるんですね。

 

で、その後衆議院で
「参議院がそう決めたならそうしましょうか。」
とか
「いやいや、ちょっと参議間違ってるんじゃないですか〜?」
とか話し合いがされます。230221

 

話し合いをして最終的には多数決でどうするか決めるんです。
あの、知ってたらでいいんですが、議席数ってあるじゃないですか?

 

あれが多数決の一票だと思ってください。

 

一人一票持ってるわけですね。

 

だったら自分の仲間が大勢いた法が有利ですよね?
AならA、BならBと決めてみんなで固めて投票すればいいわけですから。

 

ですよね?

 

で、ちょっと自民党を例にしますが、参議院にも衆議院にも自民党や民主党などの議員がいるんです。

だから自民党がAの法律を作りたければみんなで協力してまずは参議院で「Aに賛成!」と票を固めて投票します。

 

そうすると、自民党が与党(一番大きいグループ)だった場合、基本的には参議院で「Aにしましょう。」となります。

 

それから衆議院に「Aがいいと思いますよ〜。」と伝える。

 

で、衆議院にも自民党の仲間たちが与党になってるので、多数決をすればAが正式に採用されるわけです。

つまり、法律として認められるんですね。

普通なら。

 

これって参議院でも衆議院でも自民党が与党だからなせる技、ですよね?

 

 

じゃあどっちかは自民党が与党で、どっちかは民主党が与党、とかなってたら・・。

これって結構面倒な事になります。

 

参議院は自民党の方が強いけど、衆議院では民主党の方が強いとか。

 

 

これだと参議院で「Aがいい」となっても、最終的に決めるのは衆議院なのでそこで「いやいやいや、Aはないでしょ〜。」となって法律がなかなか決まらなくなってしまうんですね。

 

この状態が、ねじれ国会です。
ちなみに、別にこれがいいとか悪い党話ではないんですよ。

 

 

ねじれ国会についてはOKですね。
ついでに参議院と衆議院の違いもご理解いただけたかと思います。

 

ではでは最後に与党と野党の違いについておさらいしておきましょう。

 

少子化問題と待機児童問題!120秒で理解!

与党と野党の違い〜まとめ〜

与党と野党の違いはもう大丈夫ですね^^

つまり、

  • 与党=一番大きい(投票権=議席数をもっている)グループ
  • 野党=他のグループ

です。

 

 

ねじれ国会とは

参議院と衆議院で与党が違う状態

ですね。

 

これでモヤモヤは消えましたか?

お役に立てれば幸いです。
質問などあればコメントくださいませ^^

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 10月28日

    参議院と衆議院が逆では?

    法律を決める時って、まずは参議院で
    「こんな法律いいんじゃないですか〜?」
    とか
    「この法律はやめきましょう。」
    と、法律を作るかどうするか決めるんですね。

    で、その後衆議院で
    「参議院がそう決めたならそうしましょうか。」
    とか
    「いやいや、ちょっと参議間違ってるんじゃないですか〜?」
    とか話し合いがされます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links