神道の葬式費用と服装!挨拶はどうしたらいい?!

この記事は4分で読めます

皆さんご存知かもしれませんが、日本人のほとんどの方は仏教ですよね。

しかし、仏教は外国からの宗教だという考え方があるのをご存知ですか?

 

 

日本では古来より仏様より神様を信仰してきたという話があります。

それに伴って、神式で葬儀を行う方も増えつつあるそうです。

 

一部では神式の方が仏式よりも安くつくという話もあるくらいですから。

 

 

実際に神式の葬儀がどんなものか一緒に勉強してみましょう。

 

まずは、やっぱり一番気になるお金の話です。

Sponsored Links

神道のお葬式の費用の相場は?

ざっと見積もると仏式と変わらない200万前後と言われています。

 

ただ、内訳が重要ですよね。

 

葬儀一式の費用

神式の葬儀は「神葬祭(しんそうさい)」と呼ばれ、葬儀事態は神社では行わないので斎場や自宅で執り行います。

 

神葬祭をどこでやってもらえるかわからない!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ある程度どこの葬儀社でも対応して頂けるようです。

 

 

神葬祭の取り扱いがある葬儀社では大きさにもよりますが、だいたい葬儀一式として40万円~120万円でプランを出しています。

ea0ac6600ec224ff2c7da1100cce6d56_s

神職への謝礼

一般的な神葬祭では神官、斎主と呼ばれる神職2名により執り行われますが、10万円~30万円くらいで依頼できるようです。

 

これだけみると、仏式より安いと言われていたのが分かるような気がしますが、これとは別に火葬前のお務めの際に5万円、お車代として1万円、忌日祭・年忌祭(仏式での法要)では5万円が必要です。

 

忌日祭については忌明けするまでの50日間10日おきに行われるので忌日祭・年忌祭での5万円は法要毎に必要になってきます。

 

 

表書きには「御祭祀料」や「御礼」または「玉串料」・「御車料」とし、無地の白い袋に神職別に包みます。

 

水引をかける場合は銀と白のものにしましょう。

 

 

なお、葬儀社から神職を紹介してもらえることもあるようなので、知り合いがいない!と悩んでおられる方は相談してみるのも良いでしょう。

 

飲食接待費

さらに、神葬祭が終わった後にお世話になった神職や世話役などをねぎらって食事をもてなす「直会(なおらい)」と呼ばれるものがあります。

 

神葬祭では喪家では火を使うのを禁じられているため仕出しなどを頼むのが一般的になっています。

 

ただ、仏式と違うのは肉や魚を使っても良いというところです。

 

同じものを霊前に供えるのも神葬祭独特と言えるでしょう。

Sponsored Links

また、仏式同様香典返しも必要になってきます。

 

人数にもよりますが、肉や魚を使っていいということは単価が上がりそうですよね。

 

仏式の飲食接待費が平均で30万円くらいですから、神葬祭でもそのくらい見ておいた方が良さそうです。

 

つまり、葬儀一式と神職、直会での接待飲食費、これらをまとめてしまうとやっぱり200万前後になります。

 

 

神式でも仏式でもかかるお金はあまり変わりませんでしたね。

しかし、香典などで入ってくるものもあります。

 

200万円をまるまる払わなければいけないということはないのです。

 

 

また、健康保険に加入されている方は申請すれば給付金も受けられますので、社会保険の方は勤務先へ国民健康保険の方は各市区町村へ問い合わせてみてください。

 

 

さて、次は服装についてです。

 

崇めているのが神と仏では違いがあるのでしょうか?

6f933d964e010b09c764436e52a0da4c_s

神道のお葬式の服装は?

実は、これも仏式とほとんど変わりありません。

ただ、数珠は必要ありません。

 

基本は黒の喪服です。

 

仏式のお通夜にあたる通夜祭などでは簡易的な白シャツに黒っぽいズボンでもよいようです。

 

 

女性に関しては仏式同様、結婚指輪や真珠以外のアクセサリーは避け、光沢のある服は控えましょう。

 

冬場の寒い日であっても、毛皮など殺生を想像させるものはNGです。(フェイクファーであってもNG!)

 

 

子供に関しては学校の制服があれば、制服を着用しましょう。

 

制服がない場合でも男児なら白シャツと黒っぽいズボン、女児なら黒っぽいワンピースなどでも大丈夫です。

 

 

靴に関しても光沢のあるものは避けましょう。

 

バッグに関しても小ぶりで黒いものを準備しておきます。

 

 

妊婦さんについてですが、体調次第で参加される方もいらっしゃるでしょう。

 

お腹が目立ってきていたら、お腹を締め付けないようにゆったりした黒っぽいワンピースなどがおススメです。

 

あと、夏場でも冷房をきかせている斎場が多いのでストールなど持っていると安心ですよ。

 

 

こうみると、仏式の葬儀とあまり差は見られないようですね。

 

ただ、挨拶や焼香に関しては大幅に違いが出ますので要注意です!!

 

神道のお葬式の挨拶の流れと注意点!

まずは挨拶ですが、よく仏式の葬儀では「ご冥福をお祈りいたします」という文句ですが、実は神葬祭では使ってはいけません。

 

「冥福」「成仏」「往生」などの言葉は、仏式のみに使われる言葉なので神式やキリスト式では使われることはありません。

 

さらに「くれぐれも」などの重ね言葉も好ましくありませんのでご注意ください。

 

 

そして、仏式の焼香にあたるのが玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。

 

初めてだと戸惑いそうですね。

 

地鎮祭などでやっているのを見たことがある人もいらっしゃるのでは?

 

玉串とは榊に神垂(しで)と呼ばれる白い紙をつけたものです。

 

 

まずは少し手前で一礼。

 

そして、榊の根本の方を右手で上から掴む感じに持って枝先の方を左手で軽く支える感じ持ちます。

 

その後、左手は枝先を支えたまま、右手は手のひらを返すようにして手前に引き、神垂(しで)が自分と直角になるように90度ほど回転させます。

 

そして今度は左手を手前に引くように半回転させて、根元を祭壇に向けて供えます。

 

あとは遺影を仰いで深く2礼し、2礼2拍手1礼(音をたててはいけない)します。

 

 

こう見てみると仏式と神式、似ているようで違う部分もありましたね。

 

では、おさらいしてみましょう。

仏教と神道・葬儀の違い~まとめ~

神道の葬儀では

  •  葬儀に係る費用は約200万円前後。
  •  服装は黒っぽい服。
  •  挨拶では「冥福」「成仏」「往生」などは使ってはいけない。
  •  焼香ではなく玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行う。

 

いかがでしたか?

 

違いとしては最後の2項目くらいでしたが、一番大事なのは故人に想い馳せることです。

 

 

神道では故人は神葬祭後に家の守り神になると言われています。

 

大事な人が逝去してしまうのは悲しいですが見守っていてくれると思うと少し心強い感じがしますよね。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links