ハウスダストが原因の症状を蕁麻疹・咳・喉の痛み・熱別に!

この記事は4分で読めます

近年ではハウスダストアレルギーはテレビなどのメディアでもよく取り上げられ、注目されることも多いアレルギー症状のひとつとなりました。

 

私自身もハウスダストアレルギーの症状により、目の痒みや鼻水などに悩まされています。

 

そんなハウスダストアレルギーの症状や対策法を調べてみましたのでご紹介したいと思います。

毎日苦しんでいるあなたが少しでも楽になれば嬉しいです。

Sponsored Links

ハウスダストアレルギーの症状とは?

ハウスダストアレルギーの症状は様々ですが、主な症状をご紹介しようと思います。

 

まずは蕁麻疹から。

 

アレルギー性蕁麻疹

肌に赤い腫れができる蕁麻疹が発生するのもハウスダストが原因かもしれません。

 

吸引したハウスダストに身体が反応することでヒスタミンという物質が放出されると血管や神経を刺激することで蕁麻疹が出ます。

 

数時間もすれば消えるというのも特徴です。

d56b5063fcaac11d9315b3dda7893aa9_s

アレルギー性鼻炎

くしゃみや鼻水が止まらない、鼻づまりといった症状が風邪をひいていなくても起こる場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があります。

 

また、鼻水はサラサラとしていて水みたいなのも特徴です。

 

気管支喘息

激しい咳や息苦しさ、痰が絡むといった症状が出ます。

また、呼吸をするときにヒューヒュー、ゼイゼイといった音が出ることもあります。

 

 

いずれの症状にしても通年起こることがハウスダストアレルギーの特徴になります。

風邪かな?と思っていても治らない場合はアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

 

次は、もう少し一つ一つの症状について細かくご説明してみますね。

 

ハウスダスト蕁麻疹の治療法

ハウスダストを吸引することで体がアレルギー反応を起こすことがあります。

それが原因で蕁麻疹が出ることもあるんですよ。

 

蕁麻疹とは蚊に刺されたときのような赤い膨らみがたくさん出来る症状です。

 

 

突然現れて痒みを伴うこともありますが、数時間すると自然と治まるというのも特徴です。

 

2〜3ミリほどのものから10ミリほどのものまで様々なその膨らみは痒みを感じることがほとんどです。

が、稀に痛みを感じることもありますのでそのような時には患部を冷やし、安静にすることが必要でしょう。

 

 

数時間すれば自然と治まることも多いですが、気になる場合などは抗ヒスタミン剤の内服を処方してもらうと良いでしょう。

 

 

また、患部に直接塗るタイプの薬もありますので病院で処方してもらうと良いかもしれません。

 

私は蕁麻疹が出たときはとても痒くなるので、濡らしたタオルを当てて冷やしています。

 

 

病院に行った方が良いのかもしれませんが、しばらくすると治るので今のところはこの対処法です。

 

Sponsored Links

出てからの対処も大事ですが、蕁麻疹が出ないように埃が多そうなところは避けるようにしています。

予防することで症状が出ずに済みますからね。

 

 

蕁麻疹が出ると症状がひどいと感じるので病院へ行こうと思うのではないでしょうか。

では、咳や鼻水などの軽い症状の場合はどうすればよいのでしょうか。

7a7580b52cc5602eccf2c16c487453b6_s

ハウスダストの症状と治し方

咳や喉の痛みが症状として表れる場合はハウスダストの吸引が原因でしょう。

放っておくと喘息など悪化する恐れもありますので、長く続く場合は病院での診断も必要です。

 

埃っぽい場所で咳が出るなど、環境によって変化する場合はハウスダストに反応していると考えても良いと思います。

自宅でも反応する場合は埃を取り除く掃除をし、様子を見てみましょう。

 

 

鼻水が出る症状でも鼻炎へと悪化する恐れがありますので、喉の痛みと同じように長く続く場合は病院で診断してもらうのが良いでしょう。

 

鼻炎を原因とした発熱も起こる恐れもありますので要注意です。

こちらも、埃っぽい場所を避け、埃を取り除く掃除をしてみましょう。

 

 

私も家の中で埃っぽいところや掃除中に埃が舞ったときには、目がかゆくなったり鼻水が出たりして大変です。

 

クシャミが止まらなくなることもあってとても苦痛で悩まされています。

 

いずれの症状も、原因がハウスダストの場合は自宅など生活環境を掃除することを心がけることが大切でしょう。

ハウスダスト=埃と言ってもいいくらいですので、綺麗にすることで十分な効果は得られると思います。

 

 

ハウスダストの対処法

ハウスダストとは埃やダニ、ダニの糞や死骸のことを差します。

 

どんなに綺麗な家でもダニはいますので、増やさないように気をつけることと、掃除をすることを心がけましょう。

床はフローリングの方が綺麗にしやすいと思います。

 

また、朝一番や、夜帰宅直後などの人が活動していない時間が長いほど埃は床に溜まっているので掃除をするならこの時間がオススメですね。

 

床の掃除はどのくらいすればいいのかという疑問もあるかもしれません。

答えは「毎日しましょう」です。

 

毎日掃除をすることで舞い上がったハウスダストを取り除くことが期待できます。

 

 

外から埃を持ち帰るというケースも多いので、毎日の掃除はとても有効でしょう。

 

また、カビも空気中に舞っていることもありますので、風呂場の換気扇など湿気の多い場所では、カビが発生しないように心がけることが大切でしょう。

 

空気中のハウスダスト以外にも寝具やソファなどの布についたハウスダストも取り除く必要があります。

特に寝具は寝ている長い時間を過ごすことになりますので、綺麗にすることで効果が上がります。

 

ダニは目に見えない大きさですが、寝具にはたくさんいますので、取り除き、吸引しないように掃除を心がけることが大事ですね。

 

ダニは高温多湿の環境を好みますので、布団を十分に乾燥させることが有効だと考えられます。

 

 

私も埃が溜まった場所を掃除しているとくしゃみや鼻水が止まらなくなることがありました。

 

 

これを解消する為に毎日掃除を続けたら、劇的に改善されましたので是非毎日掃除をして下さいね。

 

関連記事

 

 

ハウスダストによる症状(目の痒み、鼻水、蕁麻疹、咳、喉の痛み、熱)~まとめ~

いずれにしても、ハウスダストの対策は掃除がとても有効です。

自分の為にも、大切な家族の為にも家の中は綺麗にしておくことが大切ですね。

 

高温多湿にならないように環境を整え、毎日掃除ができるようにしましょう。

 

「塵一つない」家にする勢いで徹底的に掃除をすると悩みを解消できるかもしれませんよ。

 

よく読まれている記事

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links