奥二重を二重にする方法!不自然なバレバレメザイクはNG

この記事は5分で読めます

朝おきて鏡を見るとズドーンと重くなる気持ち。

今日も瞼がはれて目がつぶれてる。

 

この奥二重が二重だったらどんなにいいことか。

 

今日もこの顔で学校に行かなきゃならないなんて。

考えただけでテンションが下がっちゃう。

 

毎朝そう思うことはありませんか?

 

でも整形はお金がかかるし、怖いし・・・

化粧をしてどうにかしたくても、学校には化粧をしていけないし・・・

 

という方必見!

 

見つけましたよ、二重にする方法を。

しかも家でできるものばかり。

 

パッチリお目めで毎日を堂々と楽しく過ごしちゃいましょう~

Sponsored Links

奥二重を二重にする手軽な方法とは?

手軽にできる二重術の代表格はアイプチ&アイテープ!
このはれぼったい瞼が中に入ってくれたら・・・

と思って手で入れてもボヨ~ンと跳ね返ってくる瞼の脂肪。

 

そんな瞼を跳ねかえらせない方法があるんです。

しかも病院に行かずに、自宅でできるという優れもの。

 

それは「アイプチ」「アイテープ」です。

 

アイプチやアイテープはお金をかけず、自宅でできる二重化粧品として有名なので、すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

ドラッグストアや100均でも購入できるのもいいですよね。

 

二重の線をつけたいところに、専用ののり(アイプチ)やテープ(アイテープ)を貼って瞼を固定します。

 

のりやテープは透明なので人からも気づかれにくく、手軽にできるので多くの人がしています。

のりの方がいいか、テープの方がいいかは人によって違うようなので一度どちらも試して好きな方を選ぶといいですね。

 

ただ、ここで注意があります!

アイプチやアイテープを使う時には次の2つのことを気を付けてくださいね。

 

1つ目は、二重の線をどこにするかということです。

 

自然に見える線を見つけるまでに何度も試して、コツをつかまないと、「えっ。あの人の目って変だよね」と見破られてしまいます。

鏡を見ながら、何度も何度も挑戦してみて下さい。

 

2つ目は、使用した後、しっかりと落とすことです。

 

異物ですので、それが皮膚に残ったままだと皮膚トラブルに見舞われ、ただでさえ腫れぼったい瞼がさらに腫れたり、かゆくなったりします。

絶対に爪でカリカリとこすって落とすことはしないでくださいね。

水やクレンジングで瞼をふやかし、赤ちゃんを触るように優しく優しく瞼をマッサージしながら落としてください。

 

綺麗な顔は、毎日のお手入れで決まってきます。

必ず毎日きれいにアイプチやアイテープを洗い落としてくださいね。

 

アイプチの付け方はこちらをご覧ください。

アイプチやアイテープだと幅が広くて、どうしても目立って使ってることが人にばれちゃう。

という方には、さらに細い便利アイテムがあるのでそちらを紹介していきますね~!

奥二重を自然な二重にするメザイクの方法

目をつぶった時にものりが見えない!すごく自然な二重にみえるメザイクのやり方知りたくありませんか?

アイプチやアイテープだと目がつぶれない!

ずっと目を開けていたら目が充血しちゃって・・・

 

という方にお勧めなのが「メザイク」です。

 

メザイクもアイプチやアイテープと同じ原理ですが、ファイバー(繊維)になっていて接着面が少ないので瞼への負担も少なくなります。

細いファイバーを瞼に食い込ませて二重を作るので、のりが見えることもなくとても自然な二重に見えるのです。

 

メザイクって一体どうやって使うの?という疑問に答えていきますね。

 

付け方は簡単。

まずメザイクの両端を引っ張って、眼の幅の長さで切ります。

それから目の真ん中、眼頭、眼尻の順番に瞼に食い込ませていきます。

食い込ませたら5秒くらい上を向いて形をキープします。

 

付け方動画はこちらをご覧ください。

これで完成です。

 

値段は60本入りで約1,200円。

ドラッグストアで買うことができます。

Sponsored Links

言葉だけだと簡単そうですが、実はこれが結構難しいんです。

「全然うまくいかない」と言う人もいます。

 

失敗してしまう原因として多いのは、「よくばりすぎ」です。

 

自分の二重線をどこにすれば自然で収まりが良いのかということを何度も試して探すことが大事です。

くっきり二重にしたくて二重の量を欲張りすぎると、瞼の重みにファイバーが耐えられず押し戻されてしまいます。

 

ただこのメザイクもいくら瞼への負担が軽いとは言ってもつけっぱなしにせず、綺麗落としてください。

 

 

さてここまでは毎朝できる二重術をお伝えしていきました。

 

でもはっきり言ってこれから何十年も毎朝この作業を続けるのは大変ですよね。

永遠に目を開いた瞬間から二重になれたらいいですよね。

 

実はそうなるための驚きの方法があるんです。

次はその方法について紹介していきますね。

二重化粧品に頼らずに、本当の二重美人になれる方法があるってほんと?

そもそもなぜ奥二重になるんだと思いますか?

生まれつきの骨格の問題だと思いますか?

 

違います。

瞼の脂肪の量です。

 

脂肪が多いと奥二重になってしまうんです。

 

お腹に脂肪がついたとき、どうやってとりますか?

脂肪を燃焼させてとりますよね。

 

瞼も同じです。

瞼の脂肪を燃焼させたら二重になるのです。

 

ではどうやって瞼の脂肪を燃焼させるのでしょうか?

 

まずは目の周りを温めて血流を良くします。

 

その後、優しく眉の下をマッサージします。

その際、眼頭から目尻に向かってアーチを描くようになぞってください。

 

最後に目の運動をしていきます。

左右片目ずつ瞬きを100回、両目で瞬きを100回します。

その後眼球を上下左右に10回動かします。

 

これを毎日繰り返してください。

 

とても長い道のりだと思います。

でも急がばまわれです。

地道な努力が積み重なって美しさが作られます。

 

だから今すぐ二重になりたい!って方にはお勧めしません。

整形もせず、美容化粧品でつくる二重じゃなくて、本当の二重になりたいと思う人は試してみてください。

 

もう一つ、二重になりやすくするための方法があるので紹介していきますね~。

この目の運動やマッサージと一緒に試すことで、二重になるまでの時間を短くしてくれます。

 

 

二重矯正器具「アイリッドトレーナー」って知っていますか?

目の運動は二重になりやすくするための基盤作りですが、ここで紹介する「アイリッドトレーナー」は二重の線を濃くする矯正器具です。

基盤ができていればいるほど、矯正しやすくなります。

 

メガネのようになっていて、瞼の位置にあるワイヤーで瞼を食い込ませていきます。

普通のメガネには見えないので、家の外ですると周りにびっくりされちゃうので家の中で使ってくださいね。

 

でもこのアイリッドトレーナー、上手くいかない人も多いです。

というのもメガネの大きさが決まっているので、その大きさにピッタリ合う人だけと限定されてしまうからです。

 

二重の線は人によって違います。

これまで紹介したアイプチやアイテープ、メザイクもそうですが、自分に合った二重の線を見つけることが大事です。

 

この矯正器具も自分の二重の線にきちんとはまるものじゃないと効き目がありません。

 

では大きさが合わない人はどうしたらいいのでしょうか?

これは諦めるのでしょうか?

 

いいえ。

自分で作っちゃえばいいんです。

 

しかも100均で売っているもので作れちゃいます。

材料は、タコ糸と輪ゴムです。

 

瞼にタコ糸を食い込ませて、端っこに輪ゴムをくっつけます。

その輪ゴムを耳にかけると自作のアイリッドトレーナーになります。


注意することはどちらの場合もやりすぎないことです。

眼球を圧迫すると逆効果なので、眼がグリグリしてきたらすぐにやめてください。

 

欲張らず、地道に毎日続けることが大事です。

 

関連記事

 

まとめ

さて、奥二重を二重にする方法を紹介してきました。

 

本当の二重を目指すには地道な努力がひつようでしたね。

目を温めたり運動したり、矯正器具のアイリッドトレーナーを使って二重の線を固定させていきます。

 

ただ、これだと時間がかかるので、それじゃこまりますよね。

明日からすぐにでもぱっちりお目めにならないと困りますもんね。

 

本当の二重になるまでの間は、二重化粧品のアイテープ、アイプチ、メザイクを使ってその場をしのぎましょう。

 

整形せずに二重になる方法、ぜひ試してみてください。

 

よく読まれている記事

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links