菊の花言葉を白赤ピンクと色別に!由来もあわせて紹介します

この記事は4分で読めます

菊は、桜と並んで日本の国花として有名ですよね。

それだけでなく、日本中のいろいろな市町村でもシンボルの花になっていますよ。

 

そのくらい国全体で親しまれている菊ですが、「そういえば花言葉って知らないなぁ…」という方はいらっしゃいませんか?

なにしろ国花なので知っていたほうがいいかも?

 

しかも、同じ菊でも、色で意味が違ってくるんです。

特に白の菊の花言葉は日本人なら覚えておきたいですよね。

 

葬祭で使われることも多い花ですが、その理由についても少し触れてみます。

実は、思いも寄らない理由があったんです。

 

知っていればいつか役に立つかもしれませんね。

 

これを読めば、きっと菊のイメージが変わりますよ。

今回は菊の花の、全体の花言葉と色別の花言葉と由来をお伝えします。

 

色別は

  • ピンク

です。

 

それでは全体の花言葉から学んでいきましょう。

Sponsored Links

菊の花言葉〜全体〜

はじめに、菊全体の花言葉を紹介します。

 

かなり色々ありますよ。

エレガントなものが多いです。

 

菊全体の花言葉は、

代表的なものとして、

  •  高貴
  •  高尚

などがあります。

 

その他に、

生命力の象徴として、

  •  機嫌がいい。
  •  貞操
  •  元気
  •  生きる力

といった言葉があります。

 

また、

  •  高潔
  •  真実の愛
  •  女性的な愛情
  •  破局
  •  信じてください。

などもあります。

 

最後の締めにもう一つ。

  •  あなたはとてもすばらしい友達。

なんていう意外な意味もあるんですよ。

 

いい言葉ばかりですね。

『破局』以外は(^^;;

 

 

色でも花言葉が変わるんですよ。

同じ花なのに色で意味が変わるなんて、予想外ですよね。

Sponsored Links

次は色別の花言葉のご紹介です。

菊の花言葉を色別に

まずは、白い菊の花言葉から。

白い菊の花言葉は

  •  慕う。
  •  真実
  •  誠実な心

です。

白い花は純白のイメージから、主に女性のよい人柄を表す事が多いです。

 

ところで、日本では白い菊が仏花として使われることが多いですよね。

その理由は、日本では昔から、白が弔いの色とされていたことや、その色や香りが、葬祭などで心を落ち着かせる効果があるため、などと言われています。

 

では赤の場合はどのような意味があるのでしょうか。
d3b4827263584148c1355ee9f647a4d1_s

赤い菊の花言葉は、

  •  愛
  •  真実の愛
  •  あなたを愛しています。

です。

 

一般的に赤い花は、その色から愛情や情熱を表すんですね。

 

ではピンクの花言葉はどうでしょうか?

d57e304f7a23c9652f10f4006e2777e9_s

ピンク

最後の、ピンクの菊の花言葉は

  •  甘い夢

です。

 

ピンクの花は、やわらかく清らかな色なので、初々しさを表す言葉がよく使われます。

この花言葉は、初恋で好きな人と一緒にいることが甘い夢のよう、といった意味合いですね。

 

ピンクの花は、甘い夢、なんてロマンチックな表現でしたね。

 

 

ここまで菊の花言葉をお伝えしてきました。

 

次はさらにロマンチックな気分になれる、花言葉の由来のお話です。

ここも肝心ですよね。

 

由来を知っていると一目置かれますよね^^

f4f756adacb377350c1422d945f6f9a1_s

菊の花言葉の由来とは?

花言葉の由来についてのお話。

 

花言葉というものがヨーロッパから日本にやってきたのは明治時代。

その後、日本の文化などに合わせた、独自の花言葉が作られていきます。

 

中でも菊の花は、皇室の家紋としても使われていますね。

なので、菊の花言葉のうち、高貴、高尚などは、菊の見た目の印象からつけられた花言葉、と言われているんですよ。

 

その他の花言葉のほとんどは西洋から渡ってきたもの。

 

西洋の花言葉は諸説ありますが、ギリシャ神話がもとになっています。

草花は神からのメッセージだと考えられていて、それぞれの花に言葉をつけて、意味を持たせたのです。

 

今では花をプレゼントすることで、言葉なくして気持ちを伝えられる、というシステムになった、と。

口下手なメンズにはもってこいですね。

 

 

今まで菊の花の花言葉と由来についてお伝えしてきました。

少しは菊のイメージが変わりましたか?

 

最後におさらいしておきましょう。

 

オススメ花言葉

 

~まとめ~

菊全体の花言葉と由来。

 

菊全体の花言葉は、

  •  高貴
  •  高尚
  •  貞操
  •  生きる力
  •  元気
  •  機嫌がいい。
  •  女性的な愛情
  •  真実の愛
  •  信じてください。
  •  破局
  •  高潔
  •  あなたはとてもすばらしい友達。

でした。

 

白は、

  •  真実
  •  誠実な心
  •  慕う。

日本で白い菊が仏花として使われることが多いのは、なぜか?

それは

  1.  白は弔いの色。
  2.  色、香りが葬祭で心を落ち着かせるため。

赤は、

  •  愛
  •  真実の愛
  •  あなたを愛しています。

最後の、ピンクは、

  •  甘い夢

花言葉の由来

  1.  花言葉がきたのは明治時代。
  2.  日本独自の花言葉が作られ、高貴、高尚は、見た目からつけられた花言葉。

といった事をお伝えしてきました。

 

以前、展示会で菊を見ました。

高貴、高尚などの似合う、美しい花でした。

 

驚いたのはその大きさ。

一瞬、人と間違えました。

 

ぜひ行ってみてくださいね。

実際に見るとまたイメージが変わっておもしろいですよ~。

 

よく読まれている記事

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links