今年の八戸三社大祭2016の日程と見所(完全バージョン)

この記事は3分で読めます

青森の三大夏祭りといえば、青森ねぶた、弘前ねぷた、そして、八戸三社大祭です。

どのお祭りも、日本に・・・いや!世界に誇れる素晴らしいお祭りです。

 

今回は2016年八戸三社大祭の

  • 日程
  • 見所
  • 魅力

についてお伝えします。

 

三大夏祭りのうち、どのお祭りを見ようか迷っている方の参考になればうれしいです。

 

では、早速見ていきましょう。

Sponsored Links

八戸三社大祭の日程

まず日程と内容についてです。

 

八戸三社大祭は、いつ行われるのか?

土日ではありません。

 

開催期間は7月31日〜8月4日まで。

5日間連続で街はお祭り状態です。

 

ちなみに!どの三大祭りを見ようか迷っている人には朗報です!

三大祭りは、日程がそれぞれ1日ずつずれているため、すべてのお祭りを見て周ることも可能なんです。

 

 

新幹線を使えば八戸ー青森間は約50分で移動できます。

青森ー弘前間は電車で約40分。

 

ちなみに、一番人出が多いのは青森ねぶたなので、宿は予約の取りやすい八戸でとって、その後青森、弘前へ向かう人も多いです。

 

 

ちょっと話がずれましたが、本題に戻ります。

八戸三社大祭の詳しい日程と内容についてお伝えします。

7月31日・前夜祭

色鮮やかにライトアップされた27台の豪華な山車。

その山車が八戸市の市街の中心に一斉に展示され、お囃子との競演でお祭りがいっきに盛り上がります。

 

こちらの動画をご覧ください。

 

8月1日・お通り / 8月2日・中日 / 8月3日・お還り

山車と、神輿、虎舞、神楽などの行列が街を練り歩きます。

沿道ではたくさんの人が綺麗な光景に魅了されます。

 

8月4日・後夜祭

前夜祭と同じく、威風堂々とした山車が一斉に展示され、お祭りのクライマックスを迎えます。

日程はバッチリですね^^

 

では見所も押さえておきましょう。

Sponsored Links

八戸三社大祭の見どころ

お祭りの起源と見どころは次の通りです。

 

八戸三社大祭は、豊作祈願などのため、享保6年(1721年)、おがみ神社が神輿行列を行ったことが起源と言われています。

その後、人形を乗せた山車や、町人の虎舞なども参加し、明治時代には長者山新羅神社と神明宮の行列が加わって、現在の形になったと言われています。

 

 

お祭りの一番の見どころは、ライトアップされた豪華で豪快、迫力満点な27台の山車と神社行列の、夜の街での競演です。

山車は高さ10m、幅8mもあり、迫力満点です。

 

 

神社行列とは、山伏の恰好をした法霊神楽(ほうりょうかぐら)、獅子舞のような虎舞、着物などを着た手古舞(てこまい)、最後尾を飾る華屋台からなります。

 

 

特に夜の街にライトアップされた山車は、この世のものとは思えないほど美しく、幻想的です。

色鮮やかで立体的で、大きな絵巻物を見ているような、と言ったらわかりやすいでしょうか。

 

 

では、最後に簡単にまとめてみますね。

1f9eb6f4ea497c6005f0b20db187c351_s

青森三大夏祭りの一つ・八戸三社大祭~まとめ~

今回お伝えした八戸三社大祭は、

  1.  日程は7月31日から8月4日まで。
  2.  お祭りの見どころは豪華な山車と神社行列の競演。

ということでした。

 

私は青森県在住ですし、三大祭りのうち、どのお祭りも大好きで、それぞれよく見に行きます。

何百年も続くお祭りの山車や行列から、熱気のような、強い思いが伝わってきて、なんとも言えないジーン・・・とした気持ちになります。

 

ただ、残念ながら毎年全ての三大祭りを周ることは少ないです。

どのお祭りも本当に素晴らしいので、観光客の皆さんにはぜひすべてのお祭りを堪能して帰っていただきたいです。

 

今年の夏、青森行きの計画を練っている人は、ぜひ検討してみてくださいね。

 

<オススメ記事>

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links