ジャスミンの花言葉を色別に!冷静沈着なイメージが?

この記事は4分で読めます

ジャスミンの花言葉には色による違いと地域による違いがあります。
なので花言葉の種類も様々。

 

花言葉だけでなく、その種類も豊富にあるジャスミン。

今回はそんなジャスミンについて、お伝えします。

まずは色別にジャスミンの花言葉を確認していきましょう。

Sponsored Links

ジャスミンの花言葉を色別に

ジャスミンの色による花言葉には以下のようなものがあります。

白いジャスミン

「清らか」

何者にも汚されていない、聖者のような存在をイメージさせます。

それが逆にプレッシャーにならないか、ちょっと心配ではありますが。

「平静」

どんな時にも沈着冷静で正しい判断ができるイメージです。

ただし、あまりにも簡単な問いにも深読みしてしまい、自滅する事も。

「素直」

争いごとを好まず、常に安定した道を選択する傾向にある。

ただ、長続きせず、すぐに別の道へ行ってしまうのも「素直」ならではです。

「色好み」

恋愛にオープンでフィーリングが合えば一夜の恋も受け入れる。

理解者は少ないですが、芯の強さは目を見張るものがあります。

「没頭する。(させる)」

興味を持った事や、好きな事に対する労力は惜しみません。

そして、とんでもない集中力を持ち合わせています。

 

黄色いジャスミン

「しなやか」

静かな中にも芯の強さを持っています。

いざと言う時に頼りになる存在ですね。

 

「威厳」

小さい花なのに、遠くからでもすぐに分かるジャスミン。

その存在感を表しています。

 

「恩恵」

ジャスミンを育てる事で受けられる恩恵という意味を持ちます。

恩恵というよりは「ご利益」に近いでしょう。

 

「幸福」

ジャスミンは「神からの贈り物」という意味を持っています。

幸せを運んできてくれるというイメージにピッタリですね。

Sponsored Links

一人というより、周りの人全てに影響を与える花言葉が多いジャスミン。

そんなジャスミンはどういう土地で生まれたのでしょう。

 

ジャスミンの花言葉を地域別に

ジャスミンの原産国はアフリカやアジアの熱帯地域です。

 

生まれた土地の影響からか、暑さには非常に強いんです。

でも逆に寒さには弱い一面を持っています。

 

アフリカでのジャスミンの花言葉は、ほぼ変わりません。

色についても、同じような意味の花言葉が多いです。

 

ただ、黄色いジャスミンの「威厳」がアフリカでは特に際立っているんです。

アフリカではジャスミンというと、まず最初に「威厳」という言葉が出てきます。

 

その後、ジャスミンは中国の各地域に移ってきます。

 

広い中国では寒暖の差も激しく、必然的に寒さにも強くなりました。

こうして弱点とも言うべき「寒さ」を克服して新しい品種が生まれます。

 

中国では、ジャスミンは「愛の花」として知られています。

 

花言葉はないのですが、特別な存在として広く国民に愛されているんです。

 

ジャスミンはクレオパトラが愛した花としても有名です。

ただ、クレオパトラが愛したのは、その香りとされています。

 

ジャスミンの香りには催淫効果があり、クレオパトラもこの香りに魅了されたようです。

 

その後、ジャスミンの香りを活かした香料が開発されます。

独特の甘い香りで、たちまち大人気になり、現在でも多くの香料に含まれています。

 

ジャスミンは今も昔も人々を魅了し続けているんですね。

 

 

ジャスミンには世界各地に多くの種類があります。

その一部を見てみましょう。

cef0fd82dc635c57a8edcb15c38f8c61_s

ジャスミンの種類

ジャスミンの種類全てを載せていたら何百ページにもなってしまいます。

そこで、代表的なジャスミンをいくつか掲載します。
ハゴロモジャスミン

鉢植えに適しているジャスミンには珍しく、長く伸びていく傾向がある。

つる性のジャスミンで、4月ごろに咲いてくれます。

アラビアンジャスミン(マツリカ)

その香りの強さからジャスミンティーに使用されている事で有名。

観賞用としても香りを活かした配置により、他の花をも際立たせます。

コモンジャスミン

5つの花びらをつける、最もジャスミンらしいジャスミン。

香りも強く、お茶やハーブとしても使われています。

オウバイ(黄梅)

名前に「梅」が入っているのですが、立派なジャスミンです。

他のジャスミンに比べて香りがほとんどありません。

「カロライナジャスミン」と「マダガスカルジャスミン」という花もあります。

 

名前にジャスミンと入っていますが、この2種類は全く別の花なんです。

ジャスミンではないのに、どうしてそんな名前が付いたのでしょうね。

 

長い歴史があると、時々こういう事が起こります。

それもまた想像力を掻きたてられますね。

 

おすすめ花言葉

 

 

ジャスミンの花言葉~まとめ~

今回はジャスミンについて

 

色による花言葉の違い

白いジャスミン

  •  清らか
  •  平静
  •  素直
  •  色好み
  •  没頭する。(させる)

 

黄色いジャスミン

  •  しなやか
  •  威厳
  •  恩恵
  •  幸福

地域による花言葉の違い

  1.  原産国アフリカでは「威厳」が花言葉として有名。
  2.  強いイメージを好む民族に合っていた模様。
  3.  中国では「愛の花」として認知度は高い。
  4.  寒さに強くなった品種も出てきた。

ジャスミンの種類

  1.  長く成長するもの、香りが強いもの、お茶として利用されるもの、と様々な形態で利用されている。
  2.  梅を連想させる名前でありながら「ジャスミン」の種類に入る花もある。
  3.  逆に名前に「ジャスミン」が入りながら、別の花という事も。

以上の3つをお伝えしました。

 

香水やお茶、ハーブなど、ジャスミンの利用頻度は結構高いと分かりました。

これからも、その独特の存在感で私たちの前に登場してくれる事でしょう。

 

よく読まれている記事

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links