お腹のガスが鳴る原因と抜く方法とは?0円で出来る技!

この記事は4分で読めます

突然ですが、授業中やお仕事中におならが出せずお腹が鳴って恥ずかしい思いした事ありませんか?

 

おならなんて人前で出せないのに、我慢すればお腹が張って鳴ってしまう、私も経験がありますが、お腹が鳴った時なんか恥ずかしくて生きた心地がしません。

 

授業中や仕事中だと、サボる疑いを掛けられないよう何度もトイレに行く事をためらってしまいキツくなります。

 

キツくなっても、人に簡単に言えるわけでもなく、ただただ辛い時間を過ごす日々、そんな事がないよう自分で解決するしかありません。

ここで解決するための4つのポイントがあります。

  1.  お腹のガスが鳴る原因
  2.  お腹のガスを抜く方法 -ストレス-
  3.  お腹のガスを抜く方法 -食生活-
  4.  お腹のガスを抜く方法 -長時間の座位-

でははじめに対処法を知るための原因から探っていきましょう。

Sponsored Links

お腹のガスが鳴る原因は?

お腹のガスが鳴る原因は人それぞれ違うもので、突き止めてしまえば対処法が見えてきます。

自分の生活習慣や身体の状態を確認しつつ、ここで確認してみましょう。

 

何故ガスがたまるのか、大きく分けて2つあります。

 

まず1つは腸内で発生するガス、2つ目は口で飲み込んだ空気です。

 

ここから少し分けると、長時間座り続ける、炭酸飲料やビールの摂取、暴飲暴食、早食い等になります。

中には、緊張しやすく唾を飲み込む癖がある人も空気を一緒に多く含むため当てはまります。

 

まとめてみると、ストレス、食生活、長時間の座位が主な原因となります。

 

これらを踏まえガスを抜くためにはどうすればいいのか、自分の状態と照らし合わせ確認していきましょう。

 

ご飯を食べるとお腹が痛い3つの理由とは?

 

お腹のガスを抜く方法 -ストレス-

腸とストレスには繋がりがあります。

 

ストレスを抱え込んでいると、腸の動きが弱くなり便秘になることでガスが出辛くなることです。

さらにはストレスによって、空気を飲み込む癖がついてしまい、お腹にガスがたまるという事もあります。

 

緊張する時によく唾を飲み込む事ありませんか?

その時も一緒に空気を飲み込んでしまってるんです。

 

ストレスを抱えている人は、とにかく解消する事を第一にします。

 

ゆっくりお風呂に浸かったり、読書したり、映画観賞等自分の趣味の範囲で構いません。

 

「そんな時間作れないよー」なんて言わないで、これはあなたの身体のためです。

少しでも定期的に心が休まるような時間を作って下さい。

 

 

少し空いた時間に、ちょっとした腹部のマッサージも忘れずにやると効果的です。

 

 

誰でも抱えてしまうストレス、解消法は人それぞれですが、暴飲暴食など逆に悪い方向へ走ってしまう人もいると思います。

 

次は日常的に行う食事についてです。

Sponsored Links

お腹のガスを抜く方法-食生活-

実は食事を摂る時にも一緒に空気を飲み込んでしまいます。

 

食べ方によって空気を飲み込む量が変わります。

 

早食いはよく飲み込みますよ(^_^;)

 

あと、よく噛まずに食べる人も空気を多く飲み込みます。

逆に口を閉じよく噛んでゆっくり食べる人はそれ程多く空気を飲み込みません。

 

習慣的に行う食事で、実際に意識しながらよく噛むという事は難しいです。

なので早食いの人は、はじめにおやつ等少ない食事でよく噛む事を意識したり、普段の食べる時間を計ってみて、それよりゆっくり食べる事を心がけてみると改善に繋がります。

 

またストレスにより暴飲暴食に走ってしまう人がいますが、食物を多く摂りすぎると、空気も多く飲み込み、さらには腸で消化しきれなくなって腸内でガスが発生してしまいます。

 

ストレスで暴飲暴食をし、お腹のガス問題で悩み、またストレスがたまる、それだと悪循環になりでいつまで経っても改善できないままですので、精神的だけでなく、身体的にも良いストレス発散を行いましょう。

 

 

また炭酸飲料やビール等と一緒に食事をした場合ガスが発生しやすい状態になりますので注意します。

 

なんでも摂りすぎは毒ですが、食事を極端に制限、炭酸飲料やお酒類禁止だとかそこまでせず、程度の問題で、たまにはたくさん飲み食いするくらいならいいんじゃないでしょうか。

それもストレス発散です。

 

ただその後の運動は忘れないよう、身体にも気遣いを!です。

 

空腹を紛らわす飲み物6選!夜中の食欲がなくなる4つの秘策

 

食生活もそうですが、習慣って悪い事も身に付いてしまうので、直し辛い分苦戦されてる人が多い印象があります。

 

休日にずーっとゲームしたり、PC眺めてたりしてませんか?

 

「習慣じゃないからいいじゃん」、なんて言ってられないです。

長時間座り続けてるのも、ガスが発生したり便秘になる要因の1つなのです。

 

 

次は長時間の座位についてお話しします。

 

お腹のガスを抜く方法 -長時間の座位-

長時間座り続けると、腸が圧迫され動きが鈍くなり腸にとってはいい事ではありません。

 

腸の動きが悪くなると便秘を引き起こし、便の詰まりよってガスが出辛くなり、お腹が張って苦しくなります。

 

座り仕事が原因になると慢性的な事になり、よくありません。

 

会社等でトイレに行きづらくても、恥ずかしがらずに自分の身体のためにと思い行くようにしましょう。

また便が詰まる場合は、下腹部や腰の下あたり、主に腸の部分のマッサージをしてみます。

 

 

仕事となると日常的なものになるので、手が空いた時や休憩時に毎日欠かさず行います。

またお腹を温めるのも腸の動きを良くする事になり、マッサージと兼ねてやれば効果は表れてくるでしょう。

 

お腹を温めるといえば、家での入浴中はリラックスした空間にもなりますので、マッサージも忘れずにやれば一石三鳥です。

 

休日には軽くウォーキング等身体を動かす事も改善への一歩になります。

 

臭いといえば、口の臭いも気になりませんか?

口臭の原因と対策とは?臭い思いをさせないマナー!

 

それではまとめに入りましょう〜!

 

 

腸は大事・お腹のガス~まとめ~

ストレス、食生活、長時間の座位とありましたがどれ程当てはまりましたか?

全てにおいて共通するものは、やはり腸への負担だということです。

 

簡単に対処法をまとめると、腸を温める、マッサージ、身体を動かす、ストレスを発散する、食生活を見直すです。

 

長期的に同じ状況が続いてる、対処法を試しても思うように改善されない場合、病院で診断を受ける事をおすすめします。

 

 

私は上記であった原因全てにあてはまりました。

本当に習慣ってなかなか直せないもので、直すのに3ヶ月くらいかかっちゃいました。

 

よく忘れちゃいそうな対処法(よく噛んで食べる、腸を温める)は紙に書いて壁に貼ってました(笑)

 

時間は掛かりましたが、自分の行動により、お腹のガス問題を治せたうえ生活習慣も良くなり少し痩せる事もできたのでやって良かったです。

 

 

最後にもう一度言いますが、腸を温める、マッサージ、身体を動かす、ストレスを発散する、食生活を見直すが解決へのポインです。
継続は力なり!続ける事を大事に!自分の身体も大事に!です。

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 4月18日

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links