猫の喧嘩の怪我の応急処置と止める安全な方法!

この記事は3分で読めます

うちの猫は、喧嘩っ早いのか、外で喧嘩してくることがあります。

 

良く外でギャーって猫の声がしていると思ったら、うちの猫が取っ組み合いのけんかをしているんです。

 

また別の日は怪我をして帰ってきたこともあるんですよ。

 

それでは・・・

  1.  猫が喧嘩で怪我をした時の対処法
  2.  猫の喧嘩を止める方法

以上二点、猫のけんかの対処の仕方について見ていきましょう。

Sponsored Links

猫が喧嘩で怪我をした時の対処法

猫は喧嘩で傷を作ってくることもあります。

 

傷口から感染症になることもありますから、正しい対処をしてあげましょう。

 

1.軽いひっかき傷の場合

猫が外から帰ってきて一番多く見られるのは、ひっかき傷。

 

そんなひっかき傷もそのままにしておいたら化膿しちゃいますよ。

傷口をぬるま湯で洗い流してあげましょう。

 

もし、深めの傷なら血をしぼりだしてあげましょう。

 

猫は傷口をなめるため、消毒は控えるか、もしくは刺激の少ない消毒を塗りましょう。

 

2.傷が重症であったり、出血がひどい場合

とりあえずの傷口の対処はガーゼや布で止血して、そのまま病院へ行きましょう。

 

ガーゼや布では血が止まらない場合は、そのうえに包帯を巻いてテープで巻きましょう。

 

 

私は、田舎ということもあり、外で猫を飼っていました。

 

ただ、うちの猫が弱いのか?!よく怪我をして帰ってくることが多かったんです。

そこで、室内飼いを試みましたが、猫がストレスを感じるようになり、試みは辞めました。

 

外飼いから室内飼いにするのは難しいと聞いてましたが本当だったようですね。

なので、猫が帰ってきたら、身体に傷がないかなど猫の様子を必ずチェックしてます。

 

 

Sponsored Links

また、傷はないけど、打撲や骨折などしている可能性もあります。

もしかしたら、数時間経って、嘔吐などのなんらかの症状が出ることもあるかもしれません。

 

猫が元気があるかどうかも、様子を観察しましょう。

 

元気がない場合は怪我のせいではない場合もあります。
猫の膀胱炎の症状と治療費は?フード(餌)に要注意!

 

かわいい猫を痛い目に合わせたくないですよね。

 

 

喧嘩は特に怪我を引き起こしやすいのはよくわかりましたね。

喧嘩を防げば、怪我も防げるので、喧嘩を止める方法を見ていきましょう。

433265

猫の喧嘩を止める方法

判断が難しいですが、喧嘩しているように見えて、じゃれあうだけの喧嘩ごっこということもあるんですよ。

 

こうやって、猫はじゃれあって、猫との関係性を築いていくんですね。

なので、すぐに喧嘩を仲裁するようなことはしないほうがいいんですよ。

 

しばらくは、猫の様子を観察しましょう。

 

 

ただし、これは、怪我につながりそう!と明らかにわかった場合は、とめましょう。

 

意外と簡単な方法で止められますよ。

1.大きな声、大きな音

大きな声と大きな音を出すと、猫はビビって喧嘩をやめるでしょう。

猫は大きな音や声が大嫌いなんです。

 

2.水で噴射する

道具を使った方法だと、水鉄砲なようなもので、水噴射しましょう。

猫は、水を噴射されることも嫌います。

人間もそうですけどね(笑)

間違っても、素手で喧嘩をとめるようなことは辞めましょう。

あなたが、かみつかれてしまいますよ(笑)

 

しつけは大事ですね〜。
猫のしつけで叩くのは絶対NG!噛む、トイレの正しい躾け方!

 

猫の喧嘩は、猫の関係性を築くためのものもあるというのはおわかりいただけたかと思います。

それでは、猫が喧嘩した場合の対処についておさらいしていきましょう。

 

 

猫の喧嘩~まとめ~

猫が怪我をした場合、軽いひっかき傷程度なら、傷口を清潔にしてあげることが大切です。

深い傷や多量の出血等、猫が明らかに元気がなくなっている場合は、もちろんすぐに病院へ行きましょう。

 

猫が喧嘩している場面に遭遇したら、すぐに喧嘩を止めたくなりますが、まずは様子見しましょう。

ただ、じゃれあっていることもあるからです。

 

怪我につながりそうだと思ったときのみ、喧嘩を止めるようにしましょう。

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links