猫の膀胱炎の症状と治療費は?フード(餌)に要注意!

この記事は3分で読めます

生後二か月から今日まで、猫を飼い始めて1年。

 

最近、うちの猫の排尿時の様子がおかしいのです。

というのが、トイレ以外のところで、排尿したり、何回もトイレに行ったりするんですよね。

 

よくよく見ると、血尿もしているみたいです。

 

なんか、人間の膀胱炎とも症状が似ているような感じがして心配です。

 

もし、猫が膀胱炎になったら、食べ物は?治療費は?症状は?が気になりますよね。

 

そこで、今回は猫の膀胱炎について詳しくリサーチしました。
一緒に学んでいきましょう。

Sponsored Links

猫は膀胱炎の症状は血尿?

膀胱や腎臓疾患があるときは、血尿がでますね。

 

代表的なものとしては、膀胱炎や、尿路結石、猫の腰のあたりが事故にあってしまった等です。

なので、血尿は必ずしも膀胱炎だけが原因とは言えません。

 

お医者さんに血尿の原因を特定してもらう必要がありますね。

 

次に、猫の尿の色を観察しましょう。

血尿でも、濃いめの黄色でしたら、初期症状の段階です。

 

 

しかし、真っ赤な尿が出てきた場合は、かなり重症化していると考えてください。

 

 

小さい体から血尿とは痛々しいですね。

早く解放してあげたいです。

 

その他、膀胱炎には嘔吐の症状もあるって聞きましたが、本当でしょうか?

 

貧血の症状と間違えないようにご注意を!

猫の貧血の症状は歯茎で判断?食事やステロイド治療法とは?

 

猫が膀胱炎になると嘔吐が続くって本当?

膀胱炎になったからといってすぐに嘔吐するわけではないんです。

 

膀胱炎は、最初は尿が少ないとか出にくい症状から始まりますね。

 

 

しかし、症状が進行すると尿は出なくなってしまいます。

そこに至るまで重症化させた場合、嘔吐する症状がでてきてしまうんです。

 

 

なぜかと言うと?すでに膀胱炎の症状は通り越して、腎臓疾患、尿毒症などになってしまっている可能性があるからです。

なので、嘔吐が続くのであれば、本当に危険です。

 

膀胱炎は、尿が出にくいと感じたときに治療にかかれると猫にとってもよいのでしょう。

 

猫の膀胱炎の治療費相場はいくら?

まず猫の膀胱炎の原因が何であるかにより、費用は変わってきます。

 

それから症状の進行具合によっても変わってきますが、一例として記載しますね。

 

 

まず、原因の特定できない突発性膀胱炎、細菌感染によって膀胱炎になった場合の治療の場合は、ほぼ同額くらいと考えてよいでしょう。

Sponsored Links

そうですね、治療期間は平均的には3週間程度ですね。

 

初診は尿検査や場合によっては注射が必要になるので、15000円程度みたほうがよいでしょう。

次回以降の診察は1回3000円程度と考えておきましょう。

 

 

次に、尿結石からくる膀胱炎の場合の治療費ですね。

この症状の場合の治療期間は、一か月程度要します。

 

 

何種類かの薬の投薬も必要になること、また治療内容も高度になってしまいます。

なので、総額で15万円は見ておいたほうが良いでしょう。

 

悪化させると猫が一番かわいそうですし、治療費用もそれなりにかかってきます。

 

 

なので出来れば治療費をかけずに治したいですよね。
実はフードを変えることが基本なのです。

dd67fd03568b8b790231c685df5992f1_s

猫が膀胱炎になったらフード(餌)はどうしたらいい?

まずあなたは、猫の餌にドライフードと缶詰フードどちらをあげていますか?

 

ドライフードと答えたあなた。

まずは、餌を缶詰にすることを考えましょう。

 

 

意外ですか?

実は、ドライフードを食べ、水を飲まない猫は、膀胱炎になるリスクを負っているのです。

 

簡単なことで、缶詰フードの水分が含まれた食事とお水を毎日とっていれば、膀胱炎になりにくくなるのですよ。

 

 

それから、猫のフード(餌)のph値が大切なのはご存知ですか?

なんと、phコントロール用フードというのがあるんです。

 

アルカリ性の体になると膀胱炎を引き起こしやすいといわれています。

だからといって、酸性の体になりすぎても、別のトラブルを引き起こします。

 

 

ph値のベストな値は6.5なのです。

 

猫のph値に併せて、コントロール用フードを上手に活用してみましょう。

 

ちなみに、便秘が心配でしたらこちらをご覧ください。
猫の便秘は何日まで?ツボやオリーブオイルやヨーグルトでの治し方

 

猫の膀胱炎の防止には、水分とph値が大事なことはわかりましたね。

 

でも、実際、膀胱炎になってしまった猫の治療費にはいくらくらいかかるんでしょうか?

あらかじめ知っておきたいですよね。

 

それでは、猫の膀胱炎についてまとめていきましょう。

97ecb9de584f04d0d6bda55a08ee29a5_s

猫の膀胱炎まとめ

今回は大切な猫ちゃんの膀胱炎について症状や治療費、治療法についてお伝えしてきました。

ポイントは以下の通りでしたね^^

  1.  缶詰フードかドライフードなら缶詰フードに変更しましょう。水分が大切です。
  2.  猫のph値をチェックしましょう。6.5がベストな状態です。
  3.  尿結石が原因になっている膀胱炎は治療期間と費用がかかります。
  4.  血尿の原因は膀胱炎だけではありません。原因特定しましょう。真っ赤な血尿には要注意!
  5.  膀胱炎からくる嘔吐は重症化してます。要注意です。

猫はストレスから膀胱炎になることが多いといわれています。

 

尿がしやすい、水が飲みやすい、室内で飼うなら、行動範囲を狭めないなど、猫の住環境を気を付けてあげましょう。

 

それだけでも、膀胱炎予防のみならず、心身共に健康になることにつながるでしょう。

 

猫関連の記事一覧はこちらです。

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links