猫の貧血の症状は歯茎で判断?食事やステロイド治療法とは?

この記事は3分で読めます

最近どうも猫の元気がないみたい・・そう思って獣医さんに診てもらったら、かなりひどい病状だった。

こういうことはままあることです。

 

猫は我慢強い動物なのですね。

病気になっても「痛い」とも「つらい」とも言わず、体の不調は食べずに治そうとします。

 

だけど猫だって、病気は早く見つけて早く治してあげたい!

 

そこでここでは、見た目でも分かる、猫に多い症状の中で「貧血」についてのお話をしていこうと思います。

 

今回するお話はこちら

  1.  猫の貧血の診断
  2.  猫の貧血の見える症状
  3.  猫の貧血の治療
  4.  猫の貧血時の食事

以上4点です。

 

猫も人と同じように体内では、骨髄で血液を作り、また破壊しては作るというシステムを持っています。

 

健康でこのシステムのバランスがとれている時はヘマトクリット値24%~45%となっています。

そして骨髄の機能が落ちたり、ウィルスなどによる血液の破壊が起きると数値が下がる・・という訳ですね。

Sponsored Links

病院ではこのヘマトクリット値の検査で貧血と診断されます。

 

ではおうちで猫の貧血に気付くにはどんな注意をしていればいいでしょうか?

ここが大切ですね。

 

それでは猫の貧血の症状を歯茎で診察してみましょう!

 

猫の貧血の症状は歯茎で判断出来る

猫の貧血の症状を判断するには毛の生えていない所を注目して下さい。

まずは口の中です。

 

お宅の猫ちゃん、普段はピンク色の舌や歯茎がやけに白くなっていることがありませんか?

こんな時は貧血の症状だと疑って下さい。

 

そして、耳の先を見て下さい。

白い猫ちゃんは特に判りやすいと思います。

 

 

普段は血管が透けてピンクっぽいですよね。

これが貧血になるとやはり白くなっています。

 

貧血が進むとだるくなるので、元気や食欲が落ちてきます。

 

そうして毛艶も悪く感じる飼い主さんもおられるでしょう。

 

こうなったらなるべく早く病院に連れて行ってあげて下さい。

 

病院で貧血と判ったら、次は原因を探してもらいましょう。

その原因に見合った治療が重要になりますからね。

136882

猫の貧血はステロイドで治療出来る?

貧血では血液を作る骨髄が原因の場合と作られた血液が壊される場合があります。

 

骨髄に原因がある代表的な病気は「再生不良性貧血」でしょう。

ネコエイズやネコ白血病のウィルスが発端となっています。

 

この場合、残念ながら完治させることはできません。

そこで対処療法が主体になります。

 

二次感染の時は抗生剤を処方し、脱水には輸液、または輸血をします。

こうする事でウィルスを休眠状態にすることを目指すのですね。

Sponsored Links

そして作られた血液を破壊するもの(溶血性貧血)の原因のトップはこのウィルスです。

 

「ヘモプラズマ」

 

このウィルスがノミやダニから猫に感染すると血液を壊してしまいます。

 

この場合は、ウィルスの駆除薬を内服か注射で行います。

それと同時に赤血球を破壊を抑えるためにステロイドを投与します。

 

「ステロイドは危険じゃないの?」

 

心配しないでも大丈夫。

ステロイドは副作用も出ますが、治療期間が短ければ問題ありません。

 

 

病院での治療も大切ですが、おうちでのケアも重要ですよね。

今度は猫ちゃんの療養中の食べることに関してのお話です。

153717

猫の貧血は食事で治す!

貧血も含めて、病気の猫ちゃんに心配になのは「脱水」です。

 

食欲のある子はよいのですが、食欲のない子は水分を多くとらせてあげましょう。

いつもよりあちこちに水を置いておいてあげて下さい。

 

カリカリよりはネコ缶などのウェットフードがおすすめです。

 

療養食向きに作られたフードを選ぶのもいいですね。

 

獣医さんが勧めてくれると思います。

 

 

あとは、体温が下がらないように保温にも気を付けましょう。

 

寒い時期の保温にはペットボトルにお湯を入れた簡易湯たんぽがお勧めですよ。

そして、元気のない時は無理にかまわないことも大切です。

 

 

猫と貧血の話は以上です。

お役に立ちましたか?

 

便秘猫ちゃんのためには猫の便秘は何日まで?ツボやオリーブオイルやヨーグルトでの治し方もご参照ください。

 

それでは今回のポイントをおさらいしましょう。

091925

猫の貧血~まとめ~

今回は猫の貧血の症状を判断する方法や直し方をお伝えしました。

 

ポイントは以下の通りでした。

1.猫はヘマトクリット値が24%以下で貧血と診断される。

 

2.猫の貧血の症状は

  •  口の中の舌や歯茎、または耳が白くなる。
  •  元気や食欲がなくなる。
  •  毛艶が悪くなる。

 

3.猫の貧血の治療法は

  •  再生不良性貧血では対処療法で抗生剤や輸液。
  •  溶血性貧血ではウィルス駆除薬とステロイド投与。

 

4.貧血時のおうちケアでは水分の取れる食事をこころがける。
また、保温や安静に注意する。

抵抗力を落とさないためにもワクチンやノミダニ対策が肝心ですね。
大切な家族を病気で失わないためにも予防線はきちんと張っておきたいものです。

 

あ・・うちもフロントラインの予約しておかなきゃ!

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links