障害者施設で働く資格と施設の種類4つ!わかりやすく解説

この記事は4分で読めます

障害者が社会に適応するための一時的な訓練の場所とも言うべき「施設」には様々な形態があります。

 

知的障害や精神障害などの障害者を中心に営業している喫茶店やレストラン。

またはパン屋や、たこ焼き屋など、地域に根ざした施設もあれば、「就労移行支援」と言われる支援で一般社会での就職を目標とする障害者を支援する施設もあります。

 

 

とは言え、「施設」と聞いてもピンと来ない方もおられると思います。

 

  • そんな「施設」とは何なのか?
  • そこで障害者は何をしているのか?
  • またはそこで働く支援員としての健常者はどういう仕事をしているのか?
  • どうしてそういう施設が必要なのか?

について調べました。

 

 

施設には障害者だけでなく、支援をする健常者もいます。

コミュニケーションの苦手な障害者の対応をしながら普段の業務をこなすのは、かなりの「心」の重労働です。

 

どの世界にも専門職に就くには資格が必要です。

 

障害者施設の場合は特に資格は必要ありません。

ただし、障害児(未成年)の施設で働くには児童指導員または保育士の資格が必要になります。

 

障害者施設で一般的に知られているのは、「相談支援事業所」「就労移行支援施設」「共同生活援助(グループホーム)」と呼ばれるものです。

 

この中から更に細分化され、いくつもの種類の施設が存在します。

 

 

今回はそんな「施設」に注目してお伝えします。

Sponsored Links

障害者施設で働く意義

障害者施設で働くのは当然障害者本人ですが、障害者だけでは経営は成り立ちません。

支援員として健常者が中に入り、しっかりとサポートすることで営業できているのです。

 

その支援員の労力は力仕事とは違って、非常に神経を使う繊細な心配りが必要になってきます。

精神障害者が中心の施設では、障害者本人もさることながら、一緒に働く健常者の職員にも悩みを抱える方が大勢います。

 

心の障害である精神障害には一人ひとりによって症状が少しずつ違います。

 

こちらが良かれと思って言った言葉や態度などでも、本人には心の傷となっていつまでも残り、忘れられないでいる事が多いです。

 

 

そういう事態を少なくする為にも、記録をつける事と「申し送り」が非常に大きな意味をもちます。

 

「この方は音に敏感です。大きな音、特に高音の破裂音などには、かなり驚かれるので、注意が必要です」とメモにでも書いてあると、後を引き継ぐ者にとっては、とても助かります。

 

情報社会の現代ですから、こういった取り組みは元々実施されています。

それでも問題になってくる場合に備えて、更に詳細をまとめた報告書が大切な役割を占めます。

 

 

障害者施設では障害者だけでなく、健常者も力を合わせて一つの施設を作り上げていく、というイメージを持って取り組んでもらうのが分かりやすいでしょう。

 

では、そんな障害者施設で働くには、どんな資格が必要か見ていきましょう。

á‚ª‚¢ŽÒ

障害者施設で働く資格は何がある?

障害者施設で働く為に必要な資格というのは特にありませんが、支援者として障害者本人に直接対応にあたるのならば、ある程度の知識は必要だと思います。

 

資格としては社会福祉士、介護福祉士、ヘルパー2級などが一番必要性があります。

 

障害者が相手の職場ですから机の上で覚える仕事とは違った難しさがあります。

そのどれもが「経験」を必要とします。

 

どれだけ優秀な成績で資格を取ろうとも、仕事を始めると今まで培ってきた知識だけではとても追いつかない高い壁を感じるでしょう。

 

 

福祉の世界では、かなりの難関資格である社会福祉士の資格をとった人でも、障害者の前ではみんな同じ一人の人間にすぎません。

障害者の前では資格なんてものは無いに等しいものなのです。

 

 

では、障害者施設で働く為には本当に資格なんて要らないのかと言うと、そうではありません。

施設を設立する時には、社会福祉士の資格をもった者が必ず一名必要になります。

 

 

Sponsored Links

資格というのは決して無駄なものではありません。

熱意だけで何でも始められるのなら世の中に資格なんてものは要らなくなります。

 

熱意だけではなく社会のルールに従った手順を踏むことで目に見えない「信用」というものを得ているのだと思います。

 

 

そんな障害者施設というのは、いったいどんな種類のものがあるのか、簡単にまとめてみました。

 

全てを掲載していたらキリがありませんので代表的なものに留めておきます。

034663

障害者施設の種類は?

基本的に障害者が通う施設としては大きく分けて4つになります。

 

障害別に分かれている施設もあれば、色々な障害者が一緒に働いている施設もあります。

 

障害者更生施設

障害に応じてリハビリ、訓練、治療を受けられるサービスです。

 

社会生活に適応できるように訓練し、日常生活に支障のない程度の生活習慣を身につけられるよう支援をすることを目的とした施設です。

 

 

障害者授産施設

企業に就職して働くのが難しい障害者の為に「授産活動」という施設内での仕事をする事によって働く意欲と技術を伸ばし、地域生活へのパイプ役となる施設です。

 

24時間、施設で生活を行う形(入所施設)と地域生活を続けながら決まった日に通う形(通所施設)があります。

 

親と暮らしている障害者の場合、介護している家族が病気やケガで一時的に介護が困難になった時、施設に一時的に入所できる「短期入所(ショートステイ)」もあります。

 

 

生活施設

24時間介護を必要とする身体障害者がリハビリ、治療、介護などのサービスを受けられる施設や、自宅では日常生活が困難な障害者が一人暮らしに向けて訓練をしたり勉強をしたりする施設です。

 

 

地域利用施設

地域で暮らす障害者の様々なニーズに応えることを目的とした施設です。

 

日帰りのデイサービスや障害者の相談業務、または様々な娯楽施設があります。

 

 

このように障害者が通所、または入所する施設は数多くあります。

障害者が地域で何の不安もなく生活していけることを目指した施設ばかりです。

 

その施設も最近ではどんどん多様化してきて、様々な障害にも対応できるよう規模の大きい施設も出来ています。

166235

増えてきた障害者施設~まとめ~

障害者が利用する施設というのは各市町村に複数あって、数え切れないくらいです。

 

一昔前まではそんな施設など皆無に等しい状態でした。

 

長い間沈黙を続けてきた障害者が一台決心をして声をあげ、それに賛同してくれる方たちにより障害者施設が一つ、また一つと建設されてきました。

 

今では障害者が地域で生活していく為にも、なくてはならない存在となっています。

 

介護と介助の違いとは?その定義は意外と簡単?も併せてご覧ください。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links