田舎暮らしの仕事や物件!失敗しない方法とは?

この記事は4分で読めます

田舎移住した人の意見で一番多いのが冬が寒いと言う意見です。

 

最初の作業は住む場所の選択ですが、田舎でも人の多いと場所に行けば最近建ったマンション、アパートがありますが、普通ある建物は断熱、機密が考慮されていないので1年間は辛い思いをした人が多いです。

 

 

では都会に戻るのかと言うと、半数近くの人が慣れた、都会は疲れるのでこのまま続けると言っています。

 

車があれば、買い物に行く事も苦にならなくなる。
家の周りで春は山菜が採れ、秋はキノコが採れたりします。

 

憧れますよね〜!

 

そんな田舎暮らしについて

  • 仕事探し
  • 物件探し
  • 失敗しない方法

について詳しくお伝えします。

 

一緒に学んでいきましょう。

【ベストセラー記念!1500円の書籍を無料プレゼント中!】
ブログで月収100万円達成した方法を今だけ無料で公開中!

田舎暮らしの仕事

田舎で仕事を探すには創意工夫が必要です。

田舎に移住した人のアンケートでは、多くの人が田舎に移住する前に田舎でも出来るような仕事を持って移住してい る人が多いですね。

 

田舎には都会のようにオフィスがたくさんある訳ではありませんから都会で考えているように仕事が直ぐ見つかる事はありませんが、創意工夫すれば仕事はあります。

 

特に公共事業は人材不足なので、土建業などの仕事は多いですし、電気などの設備系の仕事ができる人は重宝されます。

保育士も足りていないようです。

 

 

あと個人的な請け負い仕事もたくさんあります。

農作業や山仕事、身近ではパートなども結構あります。

 

 

田舎暮らしをした人に仕事の事の経験ついてのアンケートでは、受身では仕事を見つける事が難しいが積極的に創意工夫を して探せば仕事はあり、生活も成り立つようです。

 

 

自分が何かをしたいので田舎に移住したと言う意外が多多く見受けられます。

 

ニッチな事は田舎の方が成功する確立が高い、それは競争相手が少ない、経費が少なく済み多くの売り上げが無くても成り立つのが理由です。

 

ネットで自分の特技を生かす仕事を目指す人には田舎暮らしは意外と成功率が高いです。

 

ま た自分で事業をしなくても、農業の手伝い、林業の手伝い、パートなど仕事はあります。

ce06e78e4d08d8015dc1076c60e3dd85_s

田舎暮らしの物件は?

田舎暮らしをして最初の冬の寒さについては殆どのひとが後悔をしました。

 

しかし、翌年になると工夫をしたり体が慣れるので最初の年のように苦痛ではなる方が多いです。

 

田舎の家は古い物が多く、断熱、機密が考慮されている建物は意外と少なく、家の中の寒さが厳しいです。

自分で家を購 入した場合は最低限冬の寒さ対策が必要です。

 

 

それと田舎では車が必需品ですから、車で少し走れば田舎でも人の多い場 所に行けますよ^^

 

最近の賃貸住宅も豊富にあります。

現在、地方の自治体が空き家対策として「空き家ネット」と言うサイトを持っています。

 

 

「空き家ネット」は自治体が運営をしているので仲介手数料が掛からない利点もあります。

空き家の値段は都会では考えられない値段ですから、最低の値段の空き家を購入し、自分でリフォームする事も楽しい作業になります。人に販売する訳ではありませんから、自分が思う遊び心で家をリフォームできます。

 

 

Sponsored Links

家の骨格は痛んでいる部分を新しくすれば良いので日 曜大工の本を買って読みながらでも出来る作業ですよ。

 

骨組みがある訳ですから内装は自分流にやれば何も支障はありませ ん。

本を見ながらでも出来る、専門的な工具が必要な作業でもありません。

 

 

都会の家の様にビニールクロスや表にシートを 張った建材を使えば作業は逆に難しくなります。

自然の材料を使った作業は素人でも名人芸はできませんが最低限の作業は可能です。

f1f658d734152947712de608daaf0182_s

田舎暮らしの失敗しない方法

田舎暮らしの経験での意見では外食チェーンや娯楽施設が少ない、近所付き合いで酒を飲む機会が多いので酒に強くなってしまう、地域の行事が多いし地域の役も多い、同じような話をいつも聞かされる、美容院、床屋さんが無い、化粧をしなくなったり色が黒くなる、などがあります。

 

 

田舎暮らしに多く見られる失敗は都会の生活、考え方を持ったまま田舎暮らしをする事から発生します。

 

郷に入らずんば郷に従えという言葉があります。田舎暮らしをする時は自分の心を田舎に置きましょう。

 

 

田舎生活と都会生活との最大の違いは、自分達の生活環境は近隣が協力して自分達で整備する部分が多い事です。

 

都会では自治体が行ってくれる事も自分達で行う必要が多いのです。

ですからそれは自治体が行ってくれるだろうと考えていると近所との関係も悪くなります。

 

 

 

田舎暮らしの基本は自分達の事は自分達で行う、自分達だけで出来ない事は積極的に近隣の協力を仰ぎ応援してもらう勇気が必要です。

また、協力をお願いされたら快く協力する事もひつようです。

 

 

都会で長く生活していた人の場合それを煩わしいと思う傾向があります。

それは失敗につながります。

e90413f715ac175142c4821901354d27_s

田舎で農業をしよう!

田舎暮らしですから農業をしたいですよね^^

自分達で食べる分を工作するだけなら野菜の場合で5坪程度の畑で十分です。

 

 

都会の知り合いに送る事を考えている場合は、それを基準に考えれば畑の広さは出てきますね。

家の周りに大葉を一本植えておけばスーパーで数枚で100円位の量は毎日採っても余る位です。

ネギ、ミョウガ、などの物は家の脇で十分です。

 

 

販売を考えた場合は多少の商品としての出来栄えも必要ですから慣れが必要ですし、農協に出荷を考えた場合は最低限の数量が必要ですから本格的な農業をしたいと考えている場合は結構な準備と経験が必要ですから難しいですね。

 

 

しかし、今は多くの場所に「道の駅」があります。

そこでは一袋単位でも販売できますから田舎に移住した都会人でも販売が可能です。

 

 

 

出来栄えが多少悪くても値段をそれなりに付ければ販売できます。

それと狭い面積の畑なら本格手な農機具も必要ありません。

5bce280d0e8fa4936d6d307d0980104a_s

田舎で自宅を造る

せっかく田舎に移住するのですから自分の家を自分で造る事に挑戦するのも楽しいですよ。

 

田舎は基本的に都市計画法で言う「市街化区域外」ですから都会のような確認申請も必要ありません。

都市計画区域外は基本的に建ぺい率70%、容積率300%です。

 

 

防火、準防火地域も有りませんから自分で図面を書いて工事届けを出せば済む所が多いですよ。

 

工事店に頼んだりハウスメーカーの家を買うのは高額ですし、使われて居る材料が工業製品で木目に見える化学製品のシートを張ったフローリング、ドアー、木部は木ではありません。化成品です。

 

壁天井も殆どビニールです。

 

 

これではせっかく空気の良い田舎に行っても化成品の中で暮らす事になり、長い時間掛かってシックハウスの原因物質を吸い込む事になります。

 

自分で暮らす家ですから自分に合っていれば良いので自分勝手に造れますし、時間が掛かってもいいじゃないですか。

田舎暮らし〜まとめ〜

現在、田舎暮らしに憧れる人が多くなってきました。

 

確かに忙しい都会、喧騒の中で移動する都会に疲れている人は多いのも事実です。

 

 

しかし、田舎暮らしは憧れるほど楽園ではありません。

 

自分の考えをはっきり持ち、都会と違う点をしっかり認識し考えられる事を整理しておくとスムースに田舎に行けますし、田舎の環境にも早くなじめます。

そうすれば綺麗な空気の中でゆったりと流れる時間を送る喜びを得る事ができます。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links