ミニトマトの育て方!プランターで種から水やり!

この記事は4分で読めます

子供でも簡単につまんで食べれるミニトマト。

栄養価も高いし、プランターで種から家で栽培できたら良いと思いませんか?
また子供と水やり分担をしてミニトマトを育ててみるのも、小学生くらいのお子さんには特に良い経験ですよね。

トマト栽培は初心者向けと言われている取り掛かりやすい野菜栽培です。

そこで今回はプランターに支柱を立ててミニトマトを上手に育てる方法を以下の順番でお伝えします^^

Sponsored Links

  1. ミニトマトの育て方〜プランターなどの準備編〜
  2. ミニトマトの育て方〜種から編〜
  3. 苗の植え方
  4. ミニトマトの育て方〜水やりと肥料編〜
  5. ミニトマト栽培〜支柱を立てて整枝編〜
  6. ミニトマト収穫編

以上のポイントを押さえれば、ミニトマト収穫楽しむことができます。

それでは早速見ていきましょう。

ミニトマトの育て方〜プランターなどの準備編〜

ミニトマトを生育するにあたり、揃えなければならないものは以下の通りです。

    • セルトレイか3~4号のポット

タキイ 根巻防止セルトレイ 72穴(3枚組)

タキイ 根巻防止セルトレイ 72穴(3枚組)
価格:583円(税込、送料別)

  • 種まき用用土
  • 30㎝以上の深さのあるプランター
  • 野菜用もしくはトマト用の培養土と肥料
  • 支柱
  • 鉢底を水捌け良くするためのネットや石など

用意が終わったら種を蒔くところから見ていきましょう。。

ミニトマトの育て方〜種から編〜

気軽に食べれるミニトマトって、種からどうやって栽培するんだろうって思いますよね。
種の蒔き方についてみてみましょう。

栽培する土地にもよりますが、
種まきの時期は2月中旬から3月中旬
苗植え付け時期は4月上旬から6月上旬

です。

この時期を目安に栽培を始めましょう。

 

種をセルトレイに蒔くのであれば、一つのセルトレイに対し、一粒の種を植えます。

ポットに蒔くのであれば、一つに対し2~3粒の種を植えます。
ポットに植えた場合、複数の種を植えたので、複数の芽が生えてきますが、間引きして丈夫なものを残しましょう。

 

では苗が出てくるまではどうお世話してあげたらよいでしょうか?

まず1つ目は、用土が乾かないよう、水やりをすることです。
一度にたくさんの量をあげるような水やりは避けましょう。

2つ目は栽培環境です。
種まきの時期は、まだ真冬です。
トマトは20度以上でないと発芽しないので、日中は日が当たるような場所に置いておきます。

ただ、夜になると窓側は気温が下がってくるので別の場所に移動させましょう。
夜は暗い環境に置き光があたらないようにします。

 

また室温で育てる場合、室温が20度にも満たない場合は、発泡スチロールなどで囲って、加温効果を高めます。
それでも温度が保てなければ、加温する機械も売ってますよ。

このように手をかけてあげて育ててると、すくすくと苗が育ってきます。

 

一番目の花の芽がついたら、プランターに移動させましょう。

では、苗をどうプランターに移したらいいのでしょうか?

ミニトマトの苗を育てる方法〜プランターへ移植〜

二株以上苗がある場合は、植え付けの際に30㎝から40㎝の間隔をあけます。
となるとプランターも70㎝以上あるものを購入するとよいですね。

いずれにせよ、根をはるので、大き目なプランターを推奨します。

 

苗を植え付けて2~3週間もすれば、枝が伸びてきます。
枝が伸びたら支柱を取り付けましょう。

ミニトマト栽培〜支柱を立てて整枝編〜

支柱は枝から8センチくらい離れたところにたてるのがポイントです。

こちらの動画をご参照ください。


おばちゃん、いい味出してますよね^^

 

では、毎日のお手入れ、水やりはどうすればよいでしょうか?

ミニトマトの育て方〜水やり編〜

ミニトマトの育て方のポイントは水やりといっても過言ではありません。

水をあげすぎても根腐れさせてしまうし、かといって暑い時期に水をやらないと枯れさせてしまうし・・・などちょっと難しいですよね。

 

ポイントはプランター栽培のトマトの場合、午前十時までの涼しい時間にたっぷり水やる事です。

カンカン照りのころに水やりすると、お湯になってしまい、根腐れさせてしまう原因になります。

時間帯が勝負ですよ^^

Sponsored Links

それでは、脇芽とりや、枝のお手入れについては、どうすればよいでしょうか。

ミニトマトの脇芽を摘み取ろう!

ミニトマトは、葉と茎の間に脇芽が出てくるのが特徴です。
伸ばしてしまうと、脇芽に栄養がいきわたってミニトマトにいく栄養が少なくなってしまいます。

なので、収穫までには、日々確認し、脇芽を摘み取りましょう。
初心者は、一本枝の形にして育てるいいでしょう。

 

さらに、美味しいミニトマトを収穫するには追肥が効果的です。

ミニトマトの追肥方法

ミニトマトは栽培すれば、大量に収穫できます。

それだけ、実がなるのであれば、肥料もそれなりに必要ではと感じますが、あげすぎもよくありません。

 

まず、最初のトマトが膨らんできたところで、肥料を追加し、その後は三週間に一度肥料を追加していくのが、ポイントです。
肥料はトマト専用の肥料が売ってますので、それを使うとよいでしょう。

再びあのおばちゃんに登場していただきましょう。

こうやって分かりやすく教えてくださってる方ってありがたいですよね^^

 

それでは、実も膨らみ始め、そろそろ収穫を楽しめる時期になりますね。

ミニトマトの収穫

花が咲いて、1ヶ月もすれば、収穫の時期です。
時期的には、植え付けた時期にもよりますが、5月下旬から9月初旬くらいでしょう。

まとめて房ごととるのではなく、一つずつ摘み取っていきましょう。
ちなみに、この作業も午前中の涼しい時間にするのがおすすめです。

 

人工授粉も忘れずにしましょ。
ミニトマトは、大量に実がつくイメージがあると思うのですが、そのような状態にするためには、人工授粉をすることなんです。

 

また、せっかく赤くなってきて、いざ収穫というときに、カラスなどに狙われやすいです。

防鳥ネット

の活用もおすすめです^^

 

これでミニトマトの育て方はバッチリですね。

大事なのは

  • 種まきの時期と環境
  • 苗になたらプランターへ
  • 水、支柱、剪定、追肥

これだけです。

ポイントを押さえていけば、大量のトマトの収穫が期待できますよ。

わからなくなったらすぐにこのページに戻ってきてください。
なので、今のうちにブックマークておいてくださいね♪

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links