薬剤師転職サイトで成功する人失敗する人の違いとは?

この記事は4分で読めます

薬剤師という職業は、高度で専門性が高いため、長く安定した職業と言われています。

 

しかし、こんな恵まれた職業事情にもかかわらず、就業後まもなくやめてしまう人も多いとも聞きます。

 

でもすべてがそうなるのではなく、一つの職場に長く勤務している人もいます。

 

せっかく就業できても続かない人、また続けられる人の違いについてみていきたいと思います。

Sponsored Links

薬剤師転職で成功する方法とは?

薬剤師は専門性が高く、いわゆるインテりの部類のお仕事です。

そのため、一般的には、高年収の仕事だと思われていることでしょう。

 

 

しかし、同じ仕事内容でも職場によって年収は異なるのが実情です。

同じような仕事内容で、年収が高い職場があれば、そちらの職場に転職したいと思うのは、当然のことでしょう。

同じような仕事で年収が高いのであれば、それはそれで理由があるわけです。

 

 

職場環境や人間関係が悪く、人が定着しない職場もあります。

そのような職場は、高い年収を求人案内に提示して人を集めようとするケースもあるのです。

 

 

希望通りの年収の転職先で就業できたとします。

でも職場環境が悪くて、果たして仕事を続けていかれるでしょうか。

 

本当に自分が定着して勤務できるかを考えて転職活動しましょう。

 

求人案内で一番最初に目がいくのは、お給料の額でしょう。

そして、お給料の高い職場を良い職場と判断します。

 

 

でも求人案内の給与額だけで、職場の良し悪し判断できないことはあります。

そういうときは、転職サイトや人材派遣会社のコンサルタントに相談することをお勧めします。

ebaf5346ff841c055a4bae0d5e90b471_s

薬剤師転職サイトを活用?

個人で転職情報を探していても、限界があります。

どうせなら、多くの情報から選んで転職したいものです。

 

転職サイトや派遣会社だと、仕事情報を提供するだけではありません。

 

 

コンサルタントが本人の希望やどういった職場が本人にに合っているかなどを、相談に乗ってくれます。

なので、より自分に適した仕事を紹介してくれるのです。

 

 

一度、じっくりコンサルタントと相談してはいかがでしょうか。

 

求人情報だけで、仕事現場の様子ってわからないことも多いと思います。

ですから、職場見学の機会があればおおいに利用したいものです。

 

薬剤師の職場見学をしよう

転職試験の面接の際には、人事関係の担当者や社長など経営陣と面接し、そこで採用か否かが判断されるでしょう。

 

薬剤師の仕事は、連携プレーを要されますので、チャンスがあれば、就業前に現場で働いている人とコンタクトとってみましょう。

 

実際働いてみなければわからないとは言われます。

Sponsored Links

しかしこちらが質問したことに対する現場スタッフの反応などから、意外と職場環境が見えてしまうものです。

 

 

就業してから、こんなはずじゃなかったという人も多いと聞いてます。職場見学はすることをお勧めします。

 

 

職場見学でどんな感じの職場かなんとなくつかめたかと思います。

ただ、職場環境が悪いのは、周囲の問題だけでしょうか。

 

自身の問題であるということもあるのです。

 

薬剤師の人間関係

職場環境や、人間関係にはすぐになじめるほうでしょうか?

 

ただ、仕事をスムーズに進めていくことを考えると、すぐに環境になじみやすい人が得なのは当たり前のことです。

 

職場の雰囲気が前職と違うことで違和感を覚えて、嫌になってしまったり、苦手な人がいたら委縮してしまったりするのも理解できます。

 

 

しかしそのような傾向があるのであれば、自分自身の問題ととらえて、直していかない限り、次の職場でも同じことが起こるでしょう。

 

職場環境には対応できて、慣れてきました。しかし、本当に私の目指す薬剤師像はこの職場でよいのかなと考えたりすることありませんか?

36dd2f32f029f27fa034443fd903d5f3_s

転職後の展望は?

薬剤師のお仕事は、現在は売り手市場です。

なので、薬剤師の資格があれば、どこでも働けるって思いますよね。

 

でも資格があるから、どこで働いてもよいのでしょうか?

 

 

学生時代に学んだこと、また社会でてから経験したことから、目指したい薬剤師像というものができましたよね。

自分の将来像が見えていれば、おのずとどのような分野で研鑽をつんでいけばよいのか見えてきます。

 

 

将来像がしっかりとある薬剤師は、一つの職場で定着して働いてる傾向が高いです。

 

目指す将来像に見合った、薬剤師としてのスキルは持っているのでしょうか。

c8c2ae50c01ac6b9b09628fdaa0ebaee_s

即戦力になるスキルは持ってますか?

薬剤師として新たな経験を積みたいと思って就業した先で、なかなか希望の仕事をさせてもらえないと思う人もいると思います。

 

仕事ですので、まずは、即戦力になれる分野で仕事を任されてしまうこともあるでしょう。

 

 

転職した場合は、即戦力になれるかどうかも採用の基準になります。

即戦力になれる分野で役に立った上で、その後ステップアップで新たな経験を積めるように働きかけていきましょう。

 

 

入ってすぐに、やりたい仕事をやらせてもらえないから辞めようという考えはしないほうがよいでしょう。

長い目で見ていくことも大切です。

 

 

自分のなりたい薬剤師像はあるし、自分の能力もわかるけど、こんな自分を生かせるのはどんな環境でしょうか。

 

薬剤師の転職も様々

薬剤師の勤務先も、大病院の調剤薬局、小規模の調剤薬局、ドラッグストアなど活躍の場所は様々です。

 

でも、ドラッグストアで勤務している薬剤師と大病院の調剤薬局で勤務している薬剤師では、就業環境が大きく異なりますよね。

 

 

自分が長く働いていて違和感を感じない環境を見つけることが、長期で安定して働いていく秘訣でしょう。

 

畑違いの環境で働くと心身ともに消耗した上、仕事を辞めたくなってしまうでしょう。

04acb2b14fc52d7d2f736139bc97567a_s

薬剤師転職で成功する方法〜まとめ〜

薬剤師の転職が成功するか、そうでないかのポイントは・・

  1.  給与面などの条件だけを重視して。
  2.  転職サイトや人材派遣会社をうまく活用できたかどうか。
  3.  職場見学をしたかどうか。
  4.  職場環境や人間関係に早くなじめるかどうか。
  5.  新しい職場での自分の将来像を持てているかどうか。
  6.  新しい職場での即戦力になるスキルを持っているかどうか。
  7.  自分がどんな職場環境に適しているか把握できているかどうか。

以上7点ですね。

 

積極的に活動し、尚且つ、自己分析がきちんとできている人が転職に成功しているようですね。

 

コミュニケーション能力も、成功するかどうかのポイントになりますね。

 

転職サイト比較ランキングおすすめ10社!No.1は意外な

履歴書の自己PRの書き方を例文で解説!人事担当直伝!も参考にされてみてください。

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 12月31日

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links