看護師の就職試験対策!人気の就職先に採用される方法

この記事は3分で読めます

看護師の求人は多く安定しており、看護師の資格があれば就職には困らないと言われています。

看護師は就職に困らない・・でも。

「どうして自分は看護師になりたいと思ったのか?」という原点に立ち戻ると、
看護師だからといって、職場はどこでもよいというわけではありません。

やはり理想の職場で働きたいと思うものです。
b14b3e230625795da3c15b519eae219d_s
 

そこで今回は「自分の理想の職場(病院)に就職するにはどうしたら良いのか?」を考えてみたいと思います。

ポイントは

  • 試験
  • 自分の意見を伝える力
  • 面接での印象

です。

一つ一つ見ていきましょう。

Sponsored Links

看護師の就職試験はどんなもの?

看護の就職試験は病院によって異なりますが一般的には、

  1. 一般常識試験
  2. 専門科目試験
  3. 適性検査
  4. 小論文試験
  5. 面接

と大きく五つにわかれています。

一般試験は、基礎学力があるかどうかを判断されます。
専門科目は、看護師として必要な知識について問われます。

適性検査は、患者さんと接する機会の多い看護師は、クレペリン等の性格適性検査で、対人能力や性格に偏りがないかが測られます。

小論文は、看護の仕事について、様々な視点から問われるテーマが多く見られます。

 

面接では、看護師になりたい志望動機についてはもちろん、身だしなみなど、相手に与える印象についても大切な要素になってくるでしょう。

総合的な観点から、看護師にふさわしいかどうかをテストで判断されます。

 

就職活動を有利に進める為には、それぞれの分野を偏りなく対策を立てることが重要になってくることでしょう。

では、どのように対策を立てたらいいのか?
一つずつお伝えしていきますね^^

看護師になる小論文対策

小論文のテーマは看護師や看護の世界について問われるものが多いです。

なので、看護業界の在り方、理想の看護師像、自分がどうして看護師になりたいといった思いなど、自分の考えを人にわかりやすく説明できるくらい、はっきりと持つことが大事になってくるでしょう。

そういった自分の核となる思いがはっきりしていれば要求されたテーマについても「自分らしい文章」で記載できることでしょう。

 

ただ、、自分の考えを頭に思い描いているだけでは、相手に伝わりません。

考えを文字化する訓練、また専門家に添削してもらって、フィードバックしてもらう対策は必要になってくるでしょう。

 

自分の文章が相手に理解できるように書けるような訓練と、面接官の前でも、自分の考えをわかりやすく話せる面接のスキルも必要です。

緊張して言いたいことが伝わらなかったとかにはなりたくないので十分な準備をしたいですね。

看護師の就職面接準備

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s
面接では

  • 化粧や服装など外見に清潔感があるか?
  • 遅刻はしないか?
  • 話したい内容を伝えることができるか?

が見られます。

 

一番大事なのは、面接を通して面接官にこの人と一緒に働きたいと思ってもらえるようにする事。

自然に好印象を与えられるといいですね。
不自然に自分を良く見せようとすると、面接官に見破られます。

 

今は、面接のためにどんなスーツをきてメークをすれば好印象を与えられるかなどのセミナーもあります。

自分では、自分の容姿について、意外と気づいてないことも多いので、第三者の目線から、好印象を与えられる外見についてアドバイスもらうのもお勧めします。

 

外見から、好印象を与えることは確かに重要な点です。
でも、外見だけでは通用しないということもお判りでしょう。

「面接官から聞かれたことに対して適切な回答をする。」
「自分の考えを相手にわかりやすく伝える。」

これらのことを訓練する必要もあります。

 

就職面接でのポイントも確認しておきましょう。

就職面接でのポイント

面接で聞かれることをあらかじめ想定して、考えをノート等に記録しておくといいでしょう。
考えを文字化することで、自分の考えがより明確になるからです。

質問は、まず看護師を目指した理由を聞かれることでしょう。

看護師になり、どのような分野で活躍し、志望する病院に自分はどう貢献していくことができるかということを明確に答えられるようにしておきましょう。

 

看護師に関することだけではなく、

「挫折したときにどう立ち直ったか?」7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s
「学生時代に頑張ったこと」など、
違った観点からも、どのような人なのかを見られます。

 

面接は、個人面接の場合もあれば、集団面接もあります。

面接方式によって得手不得手がありますが、どのような方式になっても、対応できるよう、面接の訓練をしておくと良いですね。

 

このように、看護師になるは、複数の形式の試験を乗り越える必要があります。

でも、準備を怠らなければ看護師の就職活動が有利になるということはお分かりになりましたよね。

Sponsored Links

では、実際看護師の就職活動はいつから始まるのか見ていきましょう。

看護師の就職活動はいつからしたらいい?

看護師の就職活動は、卒業年度の二月に国家試験を受けます。

ちなみに、その試験を受ける前までに、内定を取るように活動をする事になります。
なので内定が決まったとしても国家試験に落ちてしまえば就職できないです。

気をつけてくださいね(^^;;

 

卒業年度の前年の12月くらいからは、情報集め等や、職場見学等に取り掛かります。

5月くらいからは、志望病院を選定して
6月くらいから就職試験が開始。

 

おそくとも1月までには内定まで運ぶスケジュールが一般的です。

 

看護師は、患者さんと関わる仕事です。
なので様々な試験方法から、看護師にふさわしいかを判断されます。

言うまでもないことですが、看護師は命を預かる仕事です。

 

志望動機は面接官を納得させられるようなものか?
また「看護の仕事についてどう考えているか?」はやはり面接官が一番知りたいところでしょう。

小論文や面接できちんと、自分の考えを伝えられるようにしたいですね。
その為には自分の科考えを明確にしておくことが大事でしょう。

 

また、面接時に好印象を与えられるように、外見や話し方などについて第三者からアドバイスをもらい、本番の面接に望むと良い結果につながる事でしょう。

準備を怠らず理想に向かって進んでいきましょう^^

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links