しその育て方!プランターで簡単家庭菜園♪

この記事は4分で読めます

せっかくしそを育て始めたのに、発芽しない、発芽はしたけど成長が止まった!なんてお悩みまりませんか?

「育ったはいいけど、香りや味が悪い〜!」なんて声もよく聞きます。

 

しそはプランターでも育ちますが、育て方にはコツがあるのです。
プランターの大きさにもよりますが、やはり間引きなんかもしなければなりません。

 

 

でも、ご安心ください。
今回はそんなしその上手な育て方を一からご紹介します。

 

いつ、どんな形で、どこで育てればいいのか?

  • 種まきの時期
  • 育てる場所
  • 成長が止まった時のチェックポイント
  • 間引きの方法
  • しその正しい水の上げ方
  • 3つの害虫対策

まとめて学んでおきましょう。

Sponsored Links

しその育て方〜種まきの時期は?〜

比較的に簡単に育てるとこのできると人気のしそですが、やはり育て方を間違えると失敗すること例も多いものです。

種をまいたのに発芽しないというケースがよくあります。

 

この場合、まず大事なことは、種まきの時期です。

しそは暖かい時期に種をまき、ある程度成長して暑い夏を迎えるようにします。
よって種をまく時期は4~6月くらい、5月のゴールデンウィーク前後が最適でしょう。

 

 

発芽した後に成長が遅い場合は次の点をチェックしましょう。

では、しそを健康に育てる場所はどこがいいのでしょうか?

5eb3151fac933457b33dc5ab7298d59d_s

 

しその育て方〜栽培場所〜

しそを育てる場所ですが、それほど悩む必要はないかと思われます。

答えは「日当りのいい場所」です。
日当りのいいベランダでも十分育てることができます。

 

 

しかし、あまり日光にさらしすぎると育ちすぎの原因になります。
日中の半分は日陰に移してあげるか、日よけをしてあげればなお良いでしょう。

 

これで発芽は問題なくするでしょう。

 

しかし、その後が問題なのです。
つまり・・成長しなくなってしまう事がよくあるんですよ(^^;;

 

しその育て方〜成長が遅い場合のチェックポイント〜

せっかく芽が出てきたのに、それ以上成長しないのは間引きが原因のことが多いです。

しそは葉が大きくなるにつれて、株と株の間隔が20センチくらいになるように間引きする必要があるのをご存知ですか?

 

しその間引き方法

間引きをしないと、お互いの葉が陰になり、日光をさえぎりしその成長を邪魔します。

 

また、狭いプランターの中に何本もしそがあると、土の栄養が不足しがちになります。
これまたしその成長をさまたげる原因になりかねません。

こちらの動画を参考にされてください。

 

しその水やりの方法は?

次の注意点は水やりです。
しそは乾燥を嫌う植物ですので、常に土を湿らせた状態にする必要があります。

 

ここで注意しなければいけないのは、あまり水の量が多いと根腐れすることがある事です。
水はプランターの排水溝から流れ出すくらいにして、水のやりすぎには気を付けましょう。

 

 

発芽から成長に至るまでの手順を間違えなければ、しそは決して育てるのが難しい植物ではありません。

しっかり育てて美味しいしそを楽しみたいものですね。

 

 

では次に美味しいしそを作る為のポイントを見てみましょう。

 

Sponsored Links

美味しく香りのいい詩をに育てるポイント

しそを育てた方から「上手く育ったと思ったのに香りがちょっと…スーパーで買ってきたようないい香りがしない」という話をよく聞きます。

なぜしその香りがしないのでしょうか?

 

味と香りが悪い理由1

理由として考えられる事は、まずはしその大きさです。
しそは大きくなりすぎると、葉が硬くなり、香りも損なうことがあります。

この対策としては、日中の半分は日陰に置いてあげる事です。
日光を浴びすぎると、しそはドンドン成長し、葉も大きくなりすぎてしまいます。

大きくしそが育ったと喜んでいる場合ではありません!
収穫も大きくなりすぎる前にしてあげましょう。

88a9ab25708a9c2dd5c2f114a4a0bd68_s

 

味と香りが悪い理由2

次に考えられるのはです。

いわゆる「こぼれ種」といわれる株から育ったしその葉は香りがよくありません。
こぼれ種とは自然に株から落ちた種がそのまま育つというものですが、代を重ねるごとに香りは弱まり味も落ちます。

 

しそを育てる時は、新たにしその種を購入して育てるようにしましょう。

 

味と香りが悪い理由3

3つ目は、しその品種そのものの問題です。
味や香りのいいスーパーで売っているしそは、それこそプロの方々が研究に研究を活かさねて品種改良された種を使用しています。

 

 

ですがその種はなかなか市場には顔を出しません。
種苗店でしっかり確認しましょう。

 

 

しかし、摘みたてのしその柔らかさと、風味はスーパーで買ったものとはまた違った美味しさがあります。

 

しそに限らず植物の収穫はタイミングが物を言います。
経験を重ね、しその最もおいしい収穫タイミングをつかんで、美味しいしそを楽しみましょう。

 

ただ、綺麗にしそを育てられたとしても、虫に食われる事もよくあります。
害虫対策も重要ですよ。

e8698316ef4c808718c6d97a5366271a_s

しその育て方〜害虫対策〜

しそは害虫に弱い植物です。
しその健康状態が少しでも悪くなると虫がつきやすくもなります。

なので、常に健康な状態に維持することが大事です。
しっかり水やりをして肥料を与えてあげると虫は付きにくくなります。

 

水に木酢液薄めてあげるのも一つの手です。
時には霧吹きなどで葉の裏側に水をかけてあげるのも良いでしょう。

 

 

ただ、防虫対策の第一歩は何よりも水です。
害虫駆除のための薬はしその成長を邪魔する原因になりかねません。

 

それに、人の口に入る葉に駆除剤を振るのは気持ちいいものではありませんよね。

そこで有効なのが防虫ネットです。
防虫ネットでしっかりと包んで揚げると、かなりの高い確率で虫はつかなくなるでしょう。

これですね→ビニール すっぽり虫よけカバー

 

 

さて、これでしそは順調に育っていく事でしょう。

それでは最後にプランターで育てるしその上手な育て方をおさらいしておきましょう^^

 

しその育て方!プランターで簡単!〜まとめ〜

比較的育てるのが簡単なしそです。
今回お伝えしたチェックポイントさえ守っていけば特に難しい手間のかかる植物ではありません。

 

 

チェックポイントは

  • ゴールデンウィーク前後に種をまく
  • 日当りのいい場所で育てる(日中の半分は日陰に)
  • 間引きと水やりは適量
  • 日中の半分は日陰に
  • 害虫対策の基本は水、そして防虫ネットで

でしたね^^
これだけ守れば美味しいしそが簡単に育ちますよ。

 

またしそは大量に収穫できるので、しそを使ったメニューを色々考えるのもしそを育てる楽しみの一つかもしれませんね。

僕はしそおにぎり、しその醤油漬け、しその佃煮、しその味噌漬け、しそチヂミ等を作ってしその香りを存分に味わうようにしています。

 

体にもいいしそを美味しく育てて楽しんでみましょう。

 

【家庭菜園のおすすめ記事】

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月31日

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links