男が家事に参加するならこの5つ&NGな行動とは?

この記事は4分で読めます

男が家事を手伝って、逆に失敗してしまう事って結構あります。
僕は昨日奥さんがハンバーグを焼いていたので、ちょっとひっくり返してみたら2つに割れてしまいました(-。-;

いや、悪気はなかったんですよホント。

男には参加しやすい家事としにくい家事があるのです。

 

家事の分担に不満を漏らす主婦の方は結構多いです。

「家事をやっている間に1日が終わってしまう。」
「うちは共働きなので、旦那にも家事を手伝ってほしい。」

などなど、家庭環境は違えど家事分担に対する不満を皆さん抱えているものです。
家事は毎日の事なので、できればお互いストレスフリーでいたいもの。

そういう意味でも旦那さんの家事への協力は必須と言えるのかもしれません。

「でも家事は苦手なんだよね。」
「しかも手伝ったら、やり方について文句を言われるし・・・。」

そこで今回は夫婦ストレスフリーでいられる為の男が参加しやすい家事についてまとめました。
ちなみに、これはやっちゃダメと言う行動も3つまとめたので参考にしてみてください。

これをやめるだけで夫婦間の無断ないざこざが激減するはずです。

それでは早速見ていきましょう。

Sponsored Links

男が参加しやすい5つの家事

① ゴミ出し

まず一つ目はゴミ出し。116181
簡単ですね。

ゴミ袋はパンパンに入れると結構重量が出てきます。
ここは男の力の見せ所ですよ。

できれば、家の中のゴミを袋に入れるところからやりましょう。
そうする事で奥様の負担は大きく和らぎます。

ゴミ出しは毎日の事ではないので、男にとっても負担にはなりませんよね。
職業にもよりますが、出勤のついでに出せるのもメリットです。

ゴミの出し方に文句を言う奥様は少ないと思いますので自己流でできますよ。

② 掃除

掃除は家事の中でも分担しやすいですよね。
例えば、部屋の掃除機は奥様がかけて、お風呂は旦那が掃除するなど。

担当する箇所を相談して分担できます。

ポイントは背が高くて力があった方が有利な箇所を担当する事ですね。
例えば、換気扇のフィルターの掃除等、たまにしかしなくて良い箇所でも奥様は満足してくれるでしょう。0780d775e17cbccfa6db949afad626ff_s

あとは風呂場。体勢がきつい事もありますし、力に任せてゴシゴシ洗えば良いので男性向きですね。
このように男が活躍できる場が存在します。

その点を踏まえて、事前にしっかり担当箇所を決めておきましょう。

③ 洗濯物

洗濯は干すのも取り込むのも面倒です。
だからこそ片方だけでもやってあげると奥様は助かるでしょう。

特に洗濯物を取り込む作業ですかね。

一般的には洗濯物を取り込むのは、お日様が沈む夕方くらいでしょう。
専業主婦の方であっても、買い物や夕食の準備などで結構忙しい時間です。

時間が合うようであれば、率先して取り入れましょう。

また、洗濯物の干し方や畳み方にはこだわりのある方もおられます。
その点、取り入れる作業は文句を言われる事もありませんし、安心ですよ。

④ 買い物に同行する

時間に余裕のある休日が良いですね。

買い物って結構大変です。

お米を買った日なんかは、買い物袋の重量がかなり重くなります。585d9f191a6abdafb8d06de50cf9de34_s
そんな日は、荷物持ちを買って出てあげましょう。

2週間に1度でも、同行してあげる日を作れば、奥様も買い物の予定が立てやすいです。
また一緒に外出する良い口実にもなりますよね。

たまには買い物がてらデートも良いかもしれませんよ ^^

⑤ 育児

育児は奥様に頼りきりになるケースが案外多いです。

例え共働きであっても、産みたての奥さんは産休に入るので育児に集中します。
その流れで、奥様の産休が明けても育児に非協力的な旦那さんが多いのかもしれませんね。

「でも育児って一体何を協力したら良いの?」

確かに、面倒見るにしても具体的に何をしたら良いのかが分からない方が多いです。
そこで、父親がする代表的な育児を3つ挙げておきます。

父親がする代表的な育児

  1. お風呂に入れる
  2. 寝かしつける
  3. 一緒に遊ぶ

育児って何をすれば分からないという方は上記の3種類をまずやってみましょう。

これで本当に奥様の家事ストレスは解消されるの?という方。
この3種類の育児をやる事で奥様の時間にどれだけ余裕ができるか考えてみて下さい。

たった3つですが奥様の負担はだいぶ和らぎそうですね。025916

 

いかがでしょうか?
家事が苦手という方でも、簡単に取り組めるものばかりですね。

ここまで男がやるべき家事を見て参りましたが、家事に対する認識というのは男と女で違うもの。
場合によっては、せっかく家事を手伝っても奥さんのストレスが溜まってしまう事があるのです。

ここからは、家事に対する男の考え方や行動により、奥様のストレスが溜まってしまうケースを見ていきましょう。

最近、奥様の機嫌が悪いという方。
もしかしたら下記のどれかに当てはまっているかもしれませんよ。

それでは見ていきましょう。

Sponsored Links

家事に対する男の3つのNG行動

① 口出しする

家事の得意な男に多い傾向があります。
自分の方ができてしまったり、こだわりがあったりして、ついつい口出ししてしまうというもの。

例えば料理の味付けですね。

最近は男でも料理が得意という方が増えてきました。
奥様より料理経験が豊富という旦那の夫婦も珍しくはありませんよね。

一見羨ましく映るかもしれませんが、案外そうではない事も多いです。
旦那に食べさせてあげようと必死に作った料理がダメ出しの嵐。

「そんな事言うんだったら自分で作ってよ!」623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s

といって喧嘩に発展するケースもあります。

口出しするくらいなら自分でやった方が良さそうですね。
やってもらうなら口出ししない。

いずれにせよ、感謝の気持ちが大切です。

② 要領が悪い

いざ男が家事を手伝うと要領が悪くて奥様をイライラさせるケースです。

せっかく手伝ってるのに奥様に怒られる事ありますよね。
その場合はこのケースに一致している可能性が高いです。

解決策としては、その家事のやり方を事前に確認する事ですね。
意地になって言う事を聞かなかったりしたら、余計イライラさせてしまうので注意です。

③ 非協力的da721fb7c13074a3449a62c0328f3dd3_s

そもそも家事をしないという姿勢の男です。

家事は女がやるものと決めつけてしまっているケースですね。
余程稼ぎが良くて、家政婦でも雇っているのであれば問題ないかもしれません。

ですが、家事に対して非協力的という姿勢は一般的に良いとはされていませんよね。
ましてや、共働きであれば家事は分担するべきと言えそうです。

 

なるほど、家事に対しては協力的でも非協力的でもどちらも、奥様にストレスを与える事があるわけですね。
上記の3つをしっかり押さえておく事で家事トラブルは減少しそうです。

それにしても家事の価値観の違いはお互いストレスが溜まりそうですよね。
事前にしっかり、話合ってから分担等を決めるのが良いでしょう。

家事で男が協力すべき事とNG行動 ~まとめ~

いかがだったでしょうか?
家事に対する認識が少し変わったのではないでしょうか。

家事はライフサイクルの肝となる部分です。
まず自分に何ができるのか、奥様の負担を軽減するには何をするのが良いかを考える事が大切ですね。

それではおさらいしておきましょう。

男が協力するべき家事5つ

  1. ゴミ出し
  2. 掃除
  3. 洗濯物(特にといれる作業)
  4. 買い物に同行する
  5. 育児 (①お風呂に入れる ②寝かしつける ③一緒に遊ぶ)

家事に対する男の3つのNG行動

  1. 口出しする
  2. 要領が悪い
  3. 非協力的

僕の実家の両親は共働きなので、夫婦で家事を分担していますね。
っといても、母親が家事をメインでこなしていますが。

振り分けは、母親が家事全般。

父親は風呂掃除と庭の手入れがメインで、状況によって家事全般手伝うというスタイルです。

夫婦そろって充実した生活が送れるようにする為にも、男もしっかり家事に協力していくべきですよね。
仕事が激務で、家事をする時間が無いにしても、協力的な姿勢というのは持っておくべきでしょう。

車のエアコン洗浄方法!臭いを消すポイントは2つ?!

電子レンジ掃除は重曹で臭いとりも完璧!

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links