完全試合とノーヒットノーランの違い!振り逃げは?

この記事は3分で読めます

完全試合とノーヒットノーランの違いってなんでしょうか?

 

これがどうしても気になったので調べてみると、色々興味深いことが分かってきました。

 

 

どちらも同じじゃないの?と思いますが
実は大きな違いがあるんです。

 

『唯一、振り逃げでの出塁を許した場合はどうなるのか?』

 

とか、気になりませんか?

 

 

では完全試合とノーヒットノーランの違いを解説していきます!

 

Sponsored Links

 

完全試合(パーフェクトゲーム)とは?

 

完全試合とは出塁を許さず勝利することで、パーフェクトゲームとも言います。

 

 

四死球なしです。

しかも、エラーも許されません。

 

つまりバッテリーだけでなく、チーム全員ノーミスで、しかも誰も出塁させない。

 

 

これが完全試合、パーフェクトゲームです。

 

 

これってすごいことですよね!
 

塁に出させないで勝つということなんですから。

 

 

ノーヒットノーランとはこういうゲームです。(^◇^;)

 

 

野球の試合は1試合9回で、1回につき3人の打者が出てくるのですから、最低でも合計27人の打者に打たせず、なおかつ投手はフォアボールを出してはいけないんです。

 

 

延長戦まで突入した場合も同じで、勝利が決定するまで出塁を許してはいけません。

 

コールドゲームの場合や、完全試合の状態で引き分けた場合でも、完全試合とは認められません。

 

 

これに対してノーヒットノーランとはどういうことでしょうか?

 

 

 

ノーヒットノーランとは?

 

この場合は文字通りなのですが、相手チームによっての出塁を許しても得点を許さない。

 

つまり、ヒットを許さず、尚かつホームインさせずに勝利することを言います。

 

ノーの意味は無し、ヒットは安打、ランは得点を意味します。

日本語では無安打無得点試合と言います。

 

 

では相手打者を完全に押さえ、エラーも四死球もない状態で、振り逃げによって打者を出してしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

 

その場合は完全試合にはなりません。

 

記録はノーヒットノーランになります。

 

 

江川卓が高校3年生の時の夏の栃木県予選、3回戦の対氏家戦で、振り逃げによって唯一の走者を許したという試合があるのですが、その試合はノーヒットノーランという記録になっています。

 

振り逃げ=捕手のパスボールまたは投手のワイルドピッチであり=エラーとなります。

 

なので完全試合ではなくノーヒットノーランに該当します。

 

Sponsored Links

 

完全試合とノーヒットノーランの違いまとめ

 

つまり、完全試合とノーヒットノーランの大きな違いは、完全試合では一人の出塁も許さない。

 

ノーヒットノーランの場合はヒット以外で出塁を許しても
得点を許さないということです。

 

 

ノーヒットノーランの場合は、フォアボール、デッドボール、振り逃げなどで塁を許してしまっているということになります。

 

 

ちなみに鮭は赤身魚か白身魚かわかりますか?

 

白身魚と赤身魚の違いとは?魚屋に聞いた所鮭は

 

 

パートとアルバイトの明確な違いは何んでしょう?

 

パートとアルバイトの違いはたった1つ?

 

 

完全試合、ノーヒットノーランの記録

 

どちらにしても、大変なことなわけで、これまで完全試合はメジャーリーグでは合計23回(平均すると6年に1度)日本のプロ野球では15回の記録があります。

 

 

いずれの場合も1試合につき交代することなく1人の投手が行っていますが、完全試合の記録を2回持つ投手は、メジャーリーグ、日本プロ野球ともいません。

 

私はダルビッシュがやってくれると信じてますけど!

 

 

日本では1994年5月18日に槙原寛己の記録があるだけで、その前になると1978年の記録になっているのですから、完全試合がどれくらい大変で難しいことかわかりますよね。

 

 

ではノーヒットノーランの記録がどのくらいあるかというと、ノーヒットノーランの記録には完全試合も含まれますので、メジャーリーグでは287回。

 

日本のプロ野球では89回の記録があります。

 

 

こちらもピッチャーが交代した場合はチームの記録になり、個人選手の記録にはなりません。

 

 

個人選手の記録で1番新しいところでは、2014年5月2日 千葉ロッテマリーンズ 対 埼玉西武ライオンズ線で、西武の岸孝之投手がノーヒットノーランを達成してます。

 

チームだと、2014年11月に行われた日米野球で、日米野球史上初のノーヒットノーランが達成されています。

 

 

完全試合もノーヒットノーランも選手にとってはとても大変なことですが、野球ファンにしてみるとワクワクする試合展開ですよね。

 

 

これからも野球ファンにとって楽しみな試合展開であってほしいです。

 

 

<オススメ記事>

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links