靴のソールを自分で修理する方法とは?

この記事は3分で読めます

靴って履いていると愛着が湧いてきますよね♪

その分ふとした変化にも気づきやすいものです。
「靴のソール部分が薄くなっている・・・?」

愛着があるだけにショックは隠しきれません。

 

ソールはファッションの中で唯一、地面にこすれる場所ですよね。1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s
その分当然傷みやすいと言えます。

お気に入りの靴であれば尚更長く履き続けたいですよね。

「でもソールだけの修理ってできるの?」
「お金もないし、できれば自分で修理してみたいんだけど・・・。」

今回は靴のソール修理はどのレベルまで可能か、また自分でできる応急処置について調べてみました ^^

それでは早速、自分で安くソールを修理する方法を見ていきましょう。

Sponsored Links

靴のソールを自分で修理する方法

実は「靴底補修材」というものを買えば、ちょっと削れてしまっただけなら自分でもできます。

こちらの値段は、¥1,000程度。
修理に出した時を考えるととても安いですね♪

もちろん、靴底補修材の説明にやり方が書かれていますので、簡単にできます。

使い方は大丈夫そうですか?

自分で出来ない場合はお店に修理をお願いしましょう。
価格と期間は以下の通りです。

お店で靴のソールを修理

お店に靴のソールの修理を頼んだ場合、ほとんどの物が修理可能です。
技術が上がり、オールソールがはがれてしまっていても新しいものに張り替えることが出来るようになったからです。

もちろん全く同じものにならないといってもかもしれません。
ですがソールの種類が変わるぐらいで、見た目も似たようなもので仕上げてくれますので安心ですよ。

Sponsored Links

ですが、修理するとなると気になるのが・・・値段です。

高いならいっそのこと新しいものを買った方が良いような気がします^^;
いったいいくらかかるのでしょうか?

cbe7fa62075c2f945db1296cb5c9103d_s

ソールの修理の料金は?

これは、店舗にもよりますし、靴の状態にもよります。
が、おおよその金額を紹介させていただきます。

滑り止めのソール

¥2,500~¥5,000程度

  • ゴム製
  • フェザー
  • ビブラム
  • セラミック

滑り止めソールであればどの素材でも金額はあまり変わりません。
ただブランドものとなると、もっと値が張るでしょう。

オールソール

  • ゴムタイプ・・・¥7,000~
  • スポンジタイプ・・・¥9,000~
  • レザータイプ・・・¥10,000~
  • クレープ・・・¥12,500~

ソールの修理は大体このくらいの価格です。
なんとなく目安になったでしょうか。

もしかしたら、あなたの地元のお店ならもう少し安くやってくれるところもあるかもしれませんね。

最安値なら、買いなおすよりも安く済みそうですね^^

さて、値段もわかりましたね♪
修理に出すぞ、と決心される前にもう一つ気を付けなければいけないのが・・・期間です。

修理に出してその日に返ってくるということはありません。6d835560da2bc2b56f6ceafc4302155d_s
では、ソールの修理にはどれくらいの期間がかかるものなのでしょうか?

ソールの修理にかかる期間

靴のソールの修理にかかる期間はおおよそですが、10日から2週間ほどでです。
つまり10日はその靴が履けないわけですね。

上記の期間よりも前に履く予定がある場合は注意が必要です。
私は過去にこれで失敗しました。

当時まだ大学生だった時に、唯一持っていた革靴のラバーが剥がれていたのです。
友人の結婚式が近づいていた為、お店に修理をお願いしました。

友人の結婚式当日。
「あれ?靴がない・・・。」

そう、まだ修理期間中だったのです。
しっかり日にち確認しておくべきでしたよ(-。-;

その時は仕方がないので、かなり安物の革靴を急遽購入して結婚式に出席しました。
こんなかっこ悪い目に合わない為にも修理期間はしっかり確認しておきましょう。

ここまでお店で靴のソールを修理するケースを見てきました。
目を疑うような金額ではないので、少し安心ですよね。

とは言え、もっと安く抑えたい方やお店に行く時間のない場合は自分で修理するのがベターでしょう。

さて、ここまで靴のソール修理についてお伝えしてきました。
程度にもよりますが、応急処置であれば、自分でも手軽にできそうですね。

最後におさらいしておきましょう。

靴のソールを修理する方法~まとめ~

靴のソールは痛みやすいにも関わらず、修理に対しては無頓着な方が多いかと思います。

すぐに次の靴を購入するのも良いですが、今回の調べで案外簡単に新品のような状態に戻せる事が分かりました。

お店で靴のソールを修理

  • ソールは基本的に修理可能
  • ソールの修理にかかる金額
    滑り止め(¥2,500~¥5,000程度)
    オールソール(素材によるが¥10,000前後)
  • ソールの修理にかかる期間・・・10日~2週間程度

自分でソールを修理する方法

  • 靴底補修材

オシャレは足元からと言います。
気に入って購入した靴なら長く履き続けたいですよね。

私自身、靴がとても好きなので、20年前に親に買ってもらった靴がまだ残っています。
もちろん靴底補修材を使ってソールを自分で修理した事もありましたよ。

ちょっと不器用な方は家族や友人にやってもらうのも良いかもしれませんね。

今回の調べがあなたの大事な靴の寿命を長くするお役に立てば幸いです ^^

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links