爪が剥がれた時の処置は手の応急処置だけでは不十分

この記事は5分で読めます

爪が剥がれた・・・。

 

 

爪の剥がれた指を見た時のショックというのは大きいですよね。

 

不安になります。

 

 

「爪が剥がれて何か病気になったりするの?」

 

「綺麗な爪が生えてくるか心配」

 

 

剥がれてしまった事は仕方ないにしても、これ以上悲惨な目には合いたくないですよね。

 

 

そこで今回は爪が剥がれた時の処置について調べてみましたのでシェア致します ^^

 

 

内容はこちら↓

  • 爪が剥がれた時の4つの処置
  • 綺麗で健康な爪が生えてくる為の2つのアフターケア

それでは早速、爪が剥がれた時の応急処置から見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

爪が剥がれた時は?

 

爪が剥がれる場合に一つの爪が綺麗に丸々剥がれない場合があります。

 

残った爪が指先でヒラヒラしていたら、つい剥がしたくなるのではないでしょうか。

 

 

ですが、この残った爪を無理に剥がしてはいけません。

 

なぜでしょうか?

 

300607

 

理由は2つあります。内容は以下の通りです。↓

  1. 新たな傷口を作ってしまい、炎症や化膿を起こす可能性が高まる
  2. 二枚爪など爪の変形の原因になる

どちらも、剥がれてなかった部分にダメージを与える事で起こる現象です。

 

 

綺麗に生えるはずだった爪をわざわざ変形させたくはありませんよね。

 

剥がれきらなかった爪は気になるものですが、トラブルを避ける為にも放置する事が大切です。

 

 

爪が剥がれたら処置

 

d83e5d777939f9b3a657c88e15a0288e_s

 

爪が剥がれたら必ず最初にするべき処置が患部を水で洗い流す事。

 

細菌が傷口に入る事を防ぐ為ですね。

 

 

この時、患部はあまり強くゴシゴシ洗わない事がポイントです。

 

傷口が広がらないように優しく洗い流しましょう。

 

 

患部を清潔に保つ事は最重要の処置です。

 

しっかり汚れが摂れてから消毒をするようにしましょう。

 

 

せっかく患部を洗い流して消毒をしても、その後細菌に触れていては意味がありません。

 

ガーゼや包帯で患部を細菌から保護してあげましょう。

 

 

細菌から保護といえば絆創膏を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
もちろんガーゼや包帯がない場合の応急処置としては有効です。

 

ですが、剥がれた爪が残っている場合には絆創膏の使用を控えた方が賢明と言えます。

 

絆創膏には粘着力がある為、絆創膏を剥がす際、中途半端に残っていた爪も一緒に剥がれてしまう可能性があるからです。

 

その為、粘着力のないガーゼや包帯で患部を保護した方が安全といえるわけです。

 

 

炎症や化膿を起こしている場合にはすぐに病院で診てもらいましょう。

 

爪自体は放置しておけばまた生えてきますが、細菌が傷口に侵入した場合は治療しなければ治りません。

 

 

「なるほど、では早速病院へ行こう・・・・・。」

 

「あれ?爪って何科で診てもらうんでしたっけ?」

 

e61ae97bb2dac022851f730e7cd22187_s

 

確かに爪って体の中でも指先にしかない特殊な部分ですよね。

 

爪が剥がれた場合何科に行けば良いのでしょうか。

 

 

基本的には皮膚科に行けば良いです。

 

爪は皮膚の一部としてみなされているのです。

 

 

それに炎症や化膿を起こすのは爪本体ではなくて、その内側の皮膚の部分ですよね。

 

あまりにも出血が酷いようであれば外科が最適の場合もあります。

 

病状を確認して、最適だと思う方を受診してください。

 

 

またお子様の場合は小児科でも対応してくれます。

 

いずれにせよ早期に受診される事が大切です。

 

 

ここまで爪が剥がれた時の処置を見てきました。

 

爪も皮膚の一部という見方通り、切り傷などで皮膚が剥がれた時の処置と違いはほとんどありません。

 

応急処置が終われば一安心ですね。

 

 

ここからは、応急処置が終わった後に、美しく健康な爪が生えてくるまでのアフターケアについて見ていきますよ。

 

 

一度剥がれた爪は、このアフターケアにより、綺麗にもなるし汚くもなります。

 

女性の方は特に必見です。

 

Sponsored Links

 

爪剥がれたら手が・・

 

① 患部に負荷をかけない

 

今生えている爪に力を加えても何も変わりませんよね?

 

ですが再生途中の爪であれば話は別です。

 

 

再生途中の爪に負荷をかけると、たちまち巻き爪や二枚爪等の原因となってしまうのです。

 

私も再生途中の爪に負荷をかけ続けてしまい、爪が変形した経験があります。

 

311882

 

中学の時バスケ部だった私は、練習中に足の親指の爪が剥がれてしまいました。

 

爪が伸びていたのが剥がれた原因です。

 

 

その時は応急処置をして帰宅しましたが、次の日からはまた普通に練習に参加していました。

 

バスケは運動量のいる激しいスポーツという事もあり、再生途中の爪に強く負荷がかかっていたと思います。

 

再生した親指の爪は巻き爪になり、色も黄ばんでいて健康的とは言えなくなりました。

 

 

それから10年以上過ぎた今でも、そのまま変わってません。

 

そんな事態を未然に防ぐ為にも、包帯で患部を固定する等、なるべく負荷を与えないようにする事をオススメします。

 

 

爪が剥がれた後の手・・爪が曲がっちゃったら嫌ですよね。

 

こうならない為にはバランスのとれた食事を心がける事です。

 

 

特に再生途中の爪というのは繊細である事から、栄養バランスの影響を受けやすいと言えそうです。

 

 

では具体的にはどの栄養が爪の健康に良いのでしょうか。

 

 

爪は皮膚の表皮が角質化したもので、ケラチンというタンパク質の一種でできています。

 

ですから、主にタンパク質を中心に摂取すると良いです。

 

 

また爪は指先にある事から、摂取した栄養を体の隅々にまで行き渡らせる必要があります。

 

血行を良くする為にも、各種ビタミン、鉄分の摂取は必須と言えそうですね。

 

 

バランスの良い食事で、美しく健康な爪を手に入れましょう。

 

310109

 

爪は不思議と見られる部分です。

 

健康で美しく維持していきたいものですよね。

 

 

爪が剥がれる事はショックですが、栄養バランスを見直したりと、美しく健康な爪を形成する良い機会とも言えそうです。

 

Sponsored Links

 

爪が剥がれた時の処置~まとめ~

 

いかがだったでしょうか?

 

対処をしっかりする事で、爪が剥がれた後の二次災害は防げそうです。

 

 

応急処置からアフターケアまで見てきたわけですが、特別難しいものはありませんでしたよね。

 

 

それでは、再度確認しておきましょう。

爪が剥がれた時の4つの処置

  1. 残った爪を剥がさない
  2. 患部を水で洗い流して消毒する
  3. ガーゼや包帯で保護する
  4. 病院へ行く(基本は皮膚科)

綺麗で健康な爪が生えてくる為の2つのアフターケア

  1. 患部に負荷をかけない
  2. 栄養バランスを見直す

近年、ネイルアートが益々流行していますよね。

 

男性でネイルをされている方もおられる程です。

 

 

綺麗で健康的な爪というのは男女問わず憧れるものですね。

 

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links