花粉症による目やに?ネバネバ3つに要注意!

この記事は3分で読めます

日本人の4人に1人が悩まされる花粉症。

 

その症状の一つとして「目やに」があります。

 

 

私も重度の花粉症持ちなのですが、目やにの症状によっては「これって本当に大丈夫なの?」や「本当に花粉が原因なの?」と不安になることがありました。

 

そこで花粉症の目やにについて調べてみたので、共有したいと思います。

 

ポイントは次の3つです。

  • 花粉症が原因の目やに
  • 花粉症以外が原因の目やに
  • 目やにの予防と対処法

春と秋は一年のなかで最も気候がいい季節。

 

それなのに花粉症持ちの人はストレスがたまる時期なんですよね・・・。

 

 

同じ悩みを持っている方の参考になると嬉しいです^^

 

Sponsored Links

 

花粉症の目やにが糸に?

 

花粉症の症状の一つである「目やに」。

 

基本的に花粉が原因の目やには「透明でサラサラ」といわれています。

 

糸になっていたら要注意です!

 

 

何故なら、本来目やにとは、目のなかに入ってきた異物を排出するために分泌されるものです。

 

異物というのは、花粉であったりゴミであったり、ウイルスであったりします。

 

花粉症の「目やに」とは、目が花粉に過剰反応を起こすことが原因となります。

 

 

でも糸になってたら他の原因が考えられます。

 

(後で詳しくお伝えします^^)

 

 

花粉自体は体に大きな害のあるものではないので、薬を飲んだりなどして日常生活に支障がないように対処していきましょう。

 

とはいえ目の調子が悪いのって、とにかくつらいんですよね・・・。

 

こんな感じになりますよね。

 

 

薬を飲めばいいとはいえ、副作用も多いです。

 

薬に頼ったり我慢をしたり、上手にコントロールしていけるといいですよね^^

 

それでは「花粉だからと我慢をしていたら、実は別の病気に感染していた」ということにならないように、花粉症でない場合の目やにについて見ていきましょう。

 

 

花粉症?目やにがベタベタ!

 

花粉症が原因の目やには「透明・白色でサラサラの目やに」でした。

 

しかしその他の病気を疑わなくてはいけない目やにもあります。

 

次にあげた目やには要注意です。

  • 「黄緑色でサラサラの目やに」・・・細菌による炎症が起きている可能性がある
  •  

  • 「透明・白色でドロドロの目やに」・・・ウイルスに感染している可能性がある
  •  

  • 「赤色の目やに」・・・目のなかで出血している可能性がある

目やにから考えられる病気として多いのは「結膜炎」です。

 

もしこれらの状態の目やにがでてしまった場合は、「家族とタオルをシェアしない」「目をかかない」などをして、人にうつさないようにして、病院に行ってください。

 

 

結膜炎って小さい子がプールなどでもらってしまって、家族に移してしまうやつですよね(^_^;)

 

今ではコンタクトの使用が多いということもあり、大人でも感染しやすいそうです。

 

気をつけていきましょう。

 

 

では次に「目やにの予防と対処法」について見ていきたいと思います。

 

 

花粉症などの目やにの予防と対処法は??

 

「目やにで目が開けられない!」ということを防ぐための予防法は次の3つです。

  • 「花粉対策用のメガネを着用する」・・・目のなかに花粉を入れないようにする
  •  

  • 「極力コンタクトレンズを使わない」・・・コンタクトに付着することにより、目のなか、に花粉が滞在することを防ぐ
  •  

  • 「目・コンタクトレンズの洗浄をする」・・・常に目を清潔にする

 

もし目やにがついてしまった時の対処法は

  • 「お湯に濡らしたコットンやガーゼを数分当てる」・・・固まった目やにをふやかす
  •  

  • 「綿棒で取り除く」・・・ 感染を防ぐために手は使わない

の2つです。

 

さすがに花粉用のメガネで人前にでるのは恥ずかしいと思いますが、休みの日にコンタクトを控えることや頻繁に洗浄することはできそうですね。

 

また、今はアイボンなど目を洗浄すためのものが市販でもあるので、使ってみてもいいですよ♪

 

 

最後に花粉症とその他の病気を見極められるように、おさらいしておきましょう。

 

Sponsored Links

 

花粉による「目やに」の特徴と予防と対策〜まとめ〜

 

花粉が原因の目やには「透明でサラサラ」です。

 

それ以外の「黄緑色の目やに」や「ドロドロした目やに」などは、花粉症以外の病気を疑いましょう。

 

 

目やにの予防は「花粉用メガネの装着」「コンタクトレンズの使用をしない」「こまめに目の洗浄をする」の3つ。

 

もし目やにが出てしまった場合は「あたためてふやかして、綿棒などで取り除く」「感染の恐れがあるため、指は使わない」です。

 

 

とにかくつらい花粉症。

 

そのなかでも目は人間にとって、一番といってもいいほどの大切な部位です。

 

不調のサインでもある「目やに」をしっかりと見極めて、花粉症の時期を乗り越えましょう^^

 

 

【花粉症】コンタクトの目薬2つの選び方とは?!も併せてご覧ください。

 

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links