正月になぜか禁止の6つの行いとその意外な理由とは?

この記事は4分で読めます

お正月っていいですよね。

 

 

お休みが取れたり、おせちが食べられたり、子どもだったらお年玉がもらえたり。

 

日本人にとって、欠かせない行事です。

 

 

その正月のその由来を調べてみるとなぜか禁止されている事があることを知りました。

 

例えば、【元旦に火を使ってはいけない】とか。

 

なぜかご存知ですか?

 

 

答えは後ほど。

 

 

それらのタブーを回避して、より年神様から幸せをもらいたいですよね?

 

今回は僕がリサーチした『お正月になぜか禁止されている事とその理由』を6つまとめてみましたので参考にしてみてください!

 

教えてあげられるようになっておくと、親戚の前でちょっと物知りがでるかもです^^

 

Sponsored Links

 

正月になぜか禁止されている事

 

元日に掃除・洗濯・洗い物はだめ

 

年末には年神様をお迎えするために、家屋の隅々まで大掃除をしますね。

 

綺麗にしておかないとあまり幸せを授けてもらえないかも、ということなのです。

 

これは、掃除せざるを得ません。

 

 

ですが、元旦には掃除や洗濯・洗い物をしてはいけないとされています。
なぜなのでしょう?

 

 

これは、来てくださった福の神を追い出す事になるからです。

 

つまり掃除することで「掃き出し」、洗濯・洗い物をすることで「洗い流し」てしまう事になるのです。

 

神様にゆっくりさせず、幸せを授けてもらう前に追い返すわけですから、良いわけがありませんね(笑)

 

271662

 

大晦日までに掃除が終わらないからと、元日に掃除の続きをしていた人はいるかと思います。

 

僕も含め…(笑)

 

 

元旦は我慢して、2日に続きをしたり、説によっては「元旦」にやってはいけないとなっているので、午前中はやめておいて、午後から始めたほうがいいかもしれません!

 

Sponsored Links

 

元日はできるだけ刃物を持たない

 

元日に包丁を使わないで過ごせるとその年は怪我をしないという言い伝えがあるようですね!

 

健康は大事ですから、このタブーは守れるなら守ったほうがいい気がします(笑)

 

 

こんな風にならないためにも(-。-;

 

 

ちなみに、地域によっては爪を切るというのもタブーとされているようです。

 

この由来は、自分の一部を切ってしまうと縁をも切ってしまう、ということのようです。

 

これも大変なことです!

 

 

仕事の部下がついてこなくなってしまったなんてことはあってはいけません!

 

これもできるだけ守りたいですね。^^

 

 

元日にお賽銭以外のお金を使ってはいけない

 

「一年の計は元旦にあり」とよく言われますね。

 

元日からお金を使うと1年出費が続いてしまうというわけです。

 

となると、初詣でお賽銭するけど…?

 

と思う方もいると思いますが、お賽銭は例外とされています。

 

なんと都合のよい…と思うかもしれませんが。(笑)

 

 

お賽銭も投げ入れる方が多いですが、本当ならば投げ入れるのではなく、そぅっと入れるのが良いようです。

 

僕は、毎年投げ入れていました…(汗)

 

 

正月はけんかをしてはいけない

 

これも、「一年の計は元旦にあり」です。

 

その年の間中ひっきりなしに争いを起こしてしまいます。

 

 

そんな争いばっかりの休まらない1年は過ごしたくないものです…。

 

仲が悪くても、正月はできるだけ仲良くしたほうがよいのですね。^^

 

 

なかなか、顔を合わせるとそれも難しいと思うので、顔を合わせないようにすることが一番のようです。

 

 

元日に火を使ってはいけない

 

これは、灰汁(あく)を出してはいけないという意味です。

 

灰汁(あく)を悪(あく)と掛けてこの様になっているようです。

 

ちなみにこれは平安時代からの禁止事項です。

 

藤原氏が創ったのでしょうか?

 

 

この言い伝えは、主婦が料理をしなくてすむようにするために生まれたものともされています。

 

主婦には休みが1日もありませんからね(-。-;

 

 

正月の3日ぐらい・・・は、難しいと思うので、元旦だけでも休んでもらった方がいいです。

 

301690

 

洗い物もしてはいけないとされていますので、徹底して、主婦に休んでもらうためのように思えてきますね。

 

平安女子の強さが見え隠れする決まりごとではないでしょうか?

 

 

豚肉・牛肉はだめ

 

4足歩行の動物の肉を食べるのはだめ、とされています。

 

これは、675年の天武天皇の時代に神や仏に肉を捧げてはいけないとされたことが始まりのようです。

 

 

今では、市販のおせちに豚の角煮が入っているものもあるようですが・・美味しいですからね、豚の角煮。

 

地方によっては、厳粛にまだ正月に豚・牛は食べないところもあるみたいです。

 

 

でも、どうしても肉をたべたいけど豚も牛もダメだし・・・どうしたらいいんでしょうか?

 

鳥は大丈夫なんですよ。

 

2足歩行ですし。

 

なので、肉を食べたい人は鳥にしましょう。

 

 

さて、ここまでいろいろな正月のタブーを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

最後に正月のタブーについておさらいしておきましょう。

 

Sponsored Links

 

正月にしてはいけない6つのこと~まとめ~

 

正月でしてはいけないこと、ご紹介したのは以下の6つです。

  • 元日に掃除・洗濯・洗い物はだめ
  • 元日はできるだけ刃物を持たない
  • 元日にお賽銭以外のお金を使ってはいけない
  • 正月はけんかをしてはいけない
  • 元日に火を使ってはいけない
  • 豚肉・牛肉はだめ

すべて知っていたという人はすごいですね。

 

 

全部をしっかりと守るのは難しいということですね(笑)

 

ですが、知っていることで、気をつけることは出来ると思います。

 

106286

 

「正月にやってはいけない事」に加えて「その理由」まで知っていると、頭が良くなったような気がします。

 

これらのタブーを頭におき年神様からの幸せをたくさんいただいて、楽しい正月、そして息災無量の一年をを過ごしましょう!

 

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links