子連れの再婚で幸せに!【最重要】な3つのポイント!

11.192015

この記事は5分で読めます

『再婚って幸せになれますか?』
離婚経験のある女友達が、ふとつぶやきました。

一口に再婚と言っても、そのカタチは様々です。

バツイチ同士の再婚、バツイチの人と初婚の人の結婚、子連れでの再婚。

 

再婚したいけれど、不安で一歩ふみ出せない・・

そんなあなたに、過去のどんな点を見なして、これからどんなポイントで物事を考えて行けばよいのか・・

他の方の経験談やお子さんの想いなども交えながら、再婚して幸せになれるポイントがどんなものなのか

  • 誰にでも当てはまる再婚して幸せになるポイント
  • 子連れ再婚で幸せになるポイント

を順番にお伝えしてきます。

Sponsored Links

再婚して幸せになるポイント

再婚をして幸せを感じている人のお話を伺っているといくつかの特徴が見えてきます。
それはこの4つのポイントでした。

  1. 経済力や容姿ではなく、相手の人柄を一番に考えている
  2. 離婚から多くのことを学んで、活かそうとしている
  3. 再婚相手とのいい人間関係を作ろうとうまく工夫している
  4. 再婚する事で気持ちが安定できている

それぞれのポイントを、体験談を交えてもっと詳しくみていきましょう。

彼女もきっと次は幸せになれると思いますよ^^

再婚した方の体験談

(1)経済力や容姿ではなく、相手の人柄を一番に考えている

経済力がある、イケメンや美人である・・パートナーとなる人には、少しでも条件の良い人をと考えてしまうのは、当然のことです。

しかし、そうした条件にばかり目が行ってしまっていませんか?

 

○Aさんの体験
初婚のときの旦那は、イケメン。
一緒に出歩いていて私もとても満足でした。

しかし、イケメンの旦那は浮気もひどかった。
繰り返す女遊びに耐えきれず、離婚。

今の旦那は見た目は、イケメンではないけれど、家庭を大事にしてくれて、優しいので満足です。

結婚相手を選ぶポイントも押さえておきましょう。

日本一の大金持ち斎藤一人さんのアドバイスをご覧ください。

(2)離婚から多くのことを学んで、活かそうとしている

63b83de9d358ff4f7448d302e601c062_s
辛く、悲しい思い出ばかりだった離婚までの日々。
思い出したくもない!

それはそうです。

 

しかし、時間の流れの中で、少しでも余裕が出たら、結婚生活を振り返ってみませんか。
ちょっと離れた所から、冷静にあの生活を見直せるかもしれません。

○Kさんの体験
働かず、ギャンブルで借金を繰り返した元旦那。
そんな旦那から逃げるように離婚をしました。

しかし、離婚をしてからしばらく経つとそんな元旦那のいいところを思い出すようになりました。

Sponsored Links

そのとき、「自分ももっと旦那に優しくしてあげればよかったかな?」とか、「あんなに旦那を責め立てたらギャンブルに逃げたくもなるよな・・。」など、自分のことも冷静に見られるようになりました。

再婚してからは、前回の離婚の反省を活かしたいと思っています。

(3)再婚相手とのいい人間関係を作ろうとうまく工夫している

離婚のつらさを乗り越えてつかんだ新しい生活。

そのパートナーと、きちんとコミュニケーションとれていますか?
日々の生活に流されて、パートナーの気持ち見失っていませんか?

○Yさんの経験
「前の旦那とは、共働きだったの。」

「結婚してからかな・・。
私は新しいプロジェクトの責任者に任命にされたわ。
楽しくて、どんどん仕事にのめり込んじゃった。」
9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s
「で・・・その結果、家事はおろそかになり、元旦那ともすれ違いになっちゃってた。
結婚とは名ばかりの同居人のようだったわ。」

 

ある日、私が出張から戻ると、部屋がガランとしていたの。
元旦那の荷物がすべて消えているなんて思いもしなかった。

「再婚してから仕事はって?続けてますよ、もちろん。」

 

「でも、家庭と仕事のバランスに気を配るようになったかな。
仕事で忙しいからこそ、今の旦那とのコミュニケーションも積極的に取ってるの。」

「今は穏やかな毎日を送っています。」

 

仕事と家庭のバランス、気をつけなければいけませんね。

(4)再婚する事で気持ちが安定できている

新しいパートナーとの新しい生活。
あれほど望んだ、新生活。

そこはあなたにとって、ホッと心が安まる場所ですか?
そんな心安まる場所になるように働きかけていますか?

 

○Hさんの体験
元の旦那との家族、特に姑との折り合いが悪かった私は何かと言えば母親を頼る元旦那と次第に喧嘩が絶えなくなっていた。

人間関係に疲れた私は、娘を連れて離婚

もう結婚なんてこりごりと思っていた中で知り合ったのが今の旦那だったわ。

 

彼は娘を大事にしてくれて娘もよく懐いている。

そんな様子を見ていると、「家族っていいな。」と改めて思います。

 

一度離婚という苦い思いをしているからこそ、再婚となった時自分がどうしたら良いのかと理解できている人が多いのですね。

ここまでは、再婚されるご本人の視点から、「再婚って幸せになれる?」ということを考えてきました。

 

次に「子供さん」の視点から、再婚で得られる幸せとは・・を考えてみましょう。
子連れの再婚の場合はここが最重要と言っても過言ではないでしょう。

子連れの再婚で幸せになるポイント

子連れ再婚は不利なの?

子供たちの本音
離婚してシングルとなった親と暮らす子供たちの声、聞こえていますか?

「虐待する親ならいなくていい」
「お母さんの笑顔がみたい」

「私のために無理しすぎないで!」
「母親の『女』としての顔なんて、見たくなかった」
※ここを見落としてるお母さんが多いです。

「(再婚した)家族の中で、自分は他人であるという気持ちは消えなかった」
「新しい父への遠慮が我慢となって、苦しかった」

 

親を思いやる気持ちや、もっと自分を愛してほしいという子供たちの気持ちが声の向こう側に見えてくるようです。b892399efac58b3cab1b86a2265bdf25_s

再婚をする親にとって新しい旦那はパートナーです。

 

しかし、子供にとって、新しい父親は「他人」であること。
その壁を乗り越えることのむずかしさを感じます。

では子連れの再婚で幸せになる為のポイントとは?

子連れ再婚でのポイントは3つ

子連れで再婚をするときの注意した方がいいポイントを3つあげてみました。

  1. 子ども目線からだけではなく、自分自身にとってよいパートナーかどうかを見極める。
    子どものことは心配。
    けれど、まずはパートナーしてどうかを考えて。
  2. 前のパートナーとどちらがいいか、子どもに評価させない。
    子どもは本音を言えなくなってしまいます。
  3. 新しいパートナーには、親としての顔もみてもらう。
    結婚前は当然、パートナーはあなたを異性として見ています。
    けれど、再婚すれば男女とは違う面を見せることになります。

どの人も幸せになりたくて、再婚を望んでいます。

 

前の結婚から、多くのことを学んだ。d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s
再婚したなら、この経験を活かしたい。

けれど、前の結婚での苦い思いは消えない。

だから、失敗したくない。
子供の気持ちも大事にしたい。

 

そんな複雑な思いが、一歩踏み出すことを不安にさせてしまうのでしょう。

 

私事ではございますが、そう言う僕も子連れではありませんが再婚して幸せになった内の一人です。

今の奥さんとは8年お付き合いをしてから結婚しました。
その間お互いの事を理解するように努めたのが今の幸せにつながっているのだと思います。

 

自分を価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観を理解しようとする姿勢こそが再婚して幸せになる為には重要な事なのだと通関しています。

昔はエゴの塊のような結婚生活をしていましたからね(苦笑)

 

さて、最後に今回お話させて頂いた、「再婚して幸せになる為のポイント」をもう一度、振り返って見ましょう。

再婚して幸せになるポイント〜まとめ〜

今回は再婚して幸せになる為のポイントをお伝えしました。
子連れの場合は特に大事な視点がありましたね。

再婚して幸せになる為のポイント

  • 経済力や容姿ではなく、相手の人柄を一番に考えている
  • 離婚から多くのことを学んで、活かそうとしている
  • 再婚相手とのいい人間関係を作ろうとうまく工夫している
  • 再婚する事で気持ちが安定できている

でした。

そして子連れの場合

  • 子ども目線からだけではなく、自分自身にとってよいパートナーかどうかを見極める
  • 前のパートナーとどちらがいいか、子どもに評価させない
  • 新しいパートナーには、父親、母親としての顔もみてもらう

の3つが重要でした。

 

最近では、子連れ再婚も珍しくなくなりました。

離婚の原因に、「パートナーが子供を可愛がらない、面倒をみない」がランクインしています。
お子さんの問題は、離婚の時も再婚の時も大切な問題なのですね。
f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s
2012年 再婚は婚姻全体の2割 5人に一人は再婚となっています。
今や離婚や再婚は珍しいことではないのです。

 

辛い結婚生活を続けるくらいなら離婚した方がいいと僕は思います。

もちろん今のパートナーともう一度幸せな生活を過ごす為の努力は必要だとは思いますが、無理なものは無理。

「離婚したら子供がかわいそう。」と世間ではよく言われていますが、親が離婚したからといって子供がかわいそうと言う道理はありません。
正直・・「これを言う方は親の離婚を経験されていないのでは?」と思います。

 

と言うのも、僕自身が母子家庭で育ち、母と姉と3人で、それはそれは幸せに生活していたからです。
(もちろん離婚を推奨しているわけではありません。)

今幸せなら幸せなのです。

 

こちらの記事もオススメです^^

Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links