左利きが天才という根拠は3つ!?脳神経の秘密とは?

この記事は3分で読めます

天才・・なれるものならなってみたい。

 

ベートーベン、アインシュタイン、ピカソ、近年では野球のイチローなど、天才と言われる人達は左利きの人ばかり。

 

 

右利きの私が天才になるのは難しいのでしょうか?

 

それは良いのですが、「左利き」って天才が多いっていう噂、案外、耳にします。

 

 

どうしてそんな風に言われているのか?

 

それは統計的に見て、天才と言われる人達の中に左利きが多いからかです。

 

しかも、偉人の中でも特別に目立っている人が左利きなんですね。

 

アインシュタイン、エジソン、ニュートン、ダーウィン、ベートーヴェン、モーツァルト、レオナルド・ダビンチ、ピカソ、ムンク、ゲーテ、他にもバッハやキュリー夫人等がいますが、この人達は知らない人がいないぐらいの天才、偉人ですよね。

 

 

確かにこれだけの天才にどうして左利きが多いのか知りたくなりますよね。

 

この辺りを見ていきましょう。

 

【ベストセラー記念!1500円の書籍を無料プレゼント中!】
ブログで月収100万円達成した方法を今だけ無料で公開中!

 

天才に左利きが多い理由

 

左脳は主に話す相手の内容から詳細情報を収集し、論理的に物事を処理をする能力が高いのに対し、右脳は話す相手の表情や仕草から、物事の全体像を直感的に捉え物事を処理する能力が高いです。

 

通常の右利きの人は、言語機能がほとんど左脳にありますが、左利きの人は言語機能が右脳、左脳の両方にあるので、右利きの人よりも、脳みそを多く使っているともいえます。

 

 

アインシュタインの相対性理論のとてつもない数字の羅列をみると、何となく理解できる様な感じがしますよね。

 

 

 

抽象的な思考が得意

 

左利きの人は右脳をよく使うので、図形や空間、音楽等の抽象的能力が高く、
またその抽象的な感情を具体的に体現する(音楽にする、絵にする、数字にする)事にとても優れています。

 

5165694701_336d75dcdb_m

 

この点が、冒頭にあげた芸術家の人達は相当優れていた事は凡人である私にも理解出来ます。

 

 

なんといっても、ベートーヴェン、ダ・ビンチはその点では超人といえますよね。

 

人間の内なる苦悩や恋心等を言葉で表現したゲーテももちろんその中の一人ですね。

 

 

 

左利きの人は記憶域が広い

 

記憶域が広いとは、簡単に言うと沢山の事を覚えているという意味です。

 

何故こんな風になるのか?

 

 

これは実に簡単な事なのですが、世の中の環境はほとんどが右利き様に作られているからです。

 

ドアノブや、手すり、水道の蛇口から、自転車等の乗り物もそうですよね。

 

という事は、左利きの人はそういった環境や、道具に慣れるために、右利きの人と同じ動作等を無意識に訓練して覚えていっているのです。

 

右利きの人は、左利きの人の動作を覚えなくてもいいけれど、左利きの人は覚えなくてはいけないので、実は右利きの人の倍、身体を動かして動作訓練をしているのです。

 

すると、その分伝達神経も発達するので、やはり、その分脳には多くの刺激が行って、頭を使っているという事になりますね。

 

結果的には神経伝達が右利きの人よりも発達する事になります。

 

Sponsored Links

 

医学、科学的な根拠は?

 

でも、実のところは左利きに天才が多い事のしっかりとした根拠は、医学的にも、科学的にもほとんどありません。

 

冒頭にあげた超人が並外れた天才なので、そう思いがちですが、左利きと天才との関係や根拠は、ハッキリとはしていないのです。

 

 

これは私が調べていて感じた事なのですが、上記の偉人たちは、その天才さ故か否かはわかりませんが、相当の努力と、苦悩を乗り越えたという事です。

 

その努力は、命を削るほどのものでした。

 

 

ベートーヴェンやエジソンは障害と闘いながら、ダーウィンやアインシュタイン、ゲーテは、社会の弾圧と闘いながらの過程と結果です。

 

その、信念や忍耐力がすでに天才なのかも知れませんね。

 

 

ここまで、大きく左利きに天才が多いと言われる根拠をあげてきました。

 

  • 脳みそを多く使っている
  • 抽象的思考が高い
  • 記憶域が広い

 

でも、実際には、決定的な根拠はありませんでしたね。

 

 

ちなみに私は小さい頃、左利きでした。

 

でも、小学校に入学する時に右利きに矯正されました。

 

その時の苦労たるや、今でも忘れてはいません。

 

 

今はほとんど右利きですが、確か中学校の頃までは、両方使えていましたよ。

 

6979621959_fa300dc0e9_m

 

天才ではありませんでしたが、確かに学校の絵画コンクール等で、多く賞を獲ってましたし、今でも、絵を描いたり、物を作ったりするのは大好きです。

 

もしかしたら、天才とは、自分の夢に向かって、惜しみない努力ができる、強い信念の持ち主なのかも知れませんね。

 

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links