履歴書の自己PRの書き方を例文で解説!人事担当直伝!

この記事は3分で読めます

就職活動で履歴書に自分の経歴を書くのは簡単ですが、
自己PRとなると、意外と頭を悩ませますよね。

私も苦手でした。本当に避けて通りたいものですね。

 

しかし私は、社会に出てから自分が採用担当になった事で、
自己PRを書く上で重要な事に気がついたのです。

そして私から指導を受けた学生さん達も
皆さん自信を持って堂々と自己PRを書けるようになりました。

129175

今回はそんな私が、過去の経験からつかんだ履歴書の書き方のうち、
自己PRと志望動機の書き方に重点を置いて、その秘密を例文付きでご伝授したいと思います。

  • 何回か転職をしている。
  • 起業して失敗した経験がある。
  • ニート経験が長い。
  • 有利になる資格を持っていない。

これらを負い目と思っている方でも、安心してください。
上手に書くポイントがあります。

Sponsored Links

【履歴書の自己PRの書き方とは】

多くの人は、自己PRや志望動機を何をどのように書いたらいいのか?
文章の組み立て方をどう書いたらいいのか?
と悩みます。

これって一旦ハマると、なかなか前に進まないですね。

そうなってしまう前でも後でも、
まずは下の例文をご覧ください。

 

自己PRと志望動機の例文①

※(    )の中は、あなたの経験を記入してください。

約5年間の(業 種)での勤務と、約3年間●●●●分野に携わってまいりました。
以前より、(業種または職種)に携わるということにたいへん興味があり、
直近では(業種または職種)に勤務いたしました。

業種または職種あるいは企業の発展)には、
●●●●の改善や工夫が必要であると考えております。

御社にご採用いただいた暁にはこれまでの経験と知識を活かし、
さらには御社の事業内容から、私自身の最大限の能力の発揮と活用ができるものと思います。

是非この経験を活かしてまいりたいと思っております。
また、人と接することも何ら支障ございませんのでご採用をご検討いただきたくお願いいたします。

129177

自己PRと志望動機の例文②

約5年間の(業 種)勤務での職務の中で、(職 種)を担当。
●●係長・●●係長を経て経理・総務等を含めた事務管理全般の責任者を務めてまいりました。

また、(業 種)への勤務により、
●●●●全般の仕組みや流れ等を把握することができました。

これにより、資格こそございませんが
基本的な事務取扱いのポイントやパソコン操作の知識、
およびパワーポイントを使ったプレゼンテーションを習得いたしました。

これまでの経験と知識を活かし、さらには御社の事業内容から
私自身の最大限の能力の発揮と活用ができるものと思います。

是非この経験を活かしてまいりたいと思っております。

また、人と接することも何ら支障ございませんのでご採用をご検討いただきたくお願いいたします。

自己PRと志望動機の例文③

約5年間の(業 種)勤務での職務の中で、
事務職および営業職に携わってまいり、
●●係長・●●係長を経て経理・総務等を含め
事務管理全般の責任者を務めてまいりました。主に(職 種)の職務に就いてまいりましたので、
数多くの(具体的な仕事の内容)に携わってまいりました。 

これにより、資格こそございませんが、
(具体的な仕事の内容)の知識と経験の発揮と活用ができるものと思います。

 

是非この経験を活かしてまいりたいと思っております。
また、人と接することも何ら支障ございませんのでご採用をご検討いただきたくお願いいたします。

 

これでイメージがつかみやすくなったと思いますがいかがでしょうか?

Sponsored Links

では一度自己PRを書くときのポイントをまとめてみましょう。

084112

履歴書の自己PRをかくポイント

下記のような言葉を入れるのがポイントです。

  • 約5年間の(業 種)での勤務と、約3年間●●●●分野に携わってまいりました。
  • 以前より、(業種または職種)に携わるということにたいへん興味がありました。
  • (業種または職種あるいは企業の発展)には、●●●●の改善や工夫が必要であると考えております。
  • 資格こそございませんが・・・
  • 御社の事業内容から、私自身の最大限の能力の発揮と活用ができるものと思います。
  • 人と接することも何ら支障ございません

このような内容を書きだすと、どんどん自分を売り込めるようになります。
このポイントを踏まえた上で、もう一度先ほどの例文を3つ読んでみて下さい。

自己PRの質が上がり、これだけであなたの人生が変わるかもしれません。

 

例文をもう一度読んだら、次を読み始めて下さい。

129182

自己PR、志望動機の書き方〜自己PRで最も大事な事は?〜

多くの人がつまずいている要因として、
自分をセールスすることが苦手なようです。

それを打開するには、
「自分の人生で、やりたいことは何か」
これを探すことです。

 

「将来どんな姿になりたいか」
「どんな人間になりたいか」
「どのように生きたいか」

 

要するに、
「なんのために、なぜ、この企業に就職したいのか」

私はこれらを持てるようになってから、
堂々と自信を持って書けるように変わってきたのです。

 

これらの事がはっきりすると、
その企業で楽しんで仕事をしている自分をイメージすることができます。
どのように活躍できるかもイメージできるんです。

 

だからこそ、文章にするときも面接のときも説得力が生まれます。
つまり、合格にグンと近づくのです。

 

読者さんも自信を持って自分の将来をイメージしてみてください。
そうすれば、きっと上手くいくはずです。

 

ところで、履歴書を出すなら添え状も忘れないで下さいね♪
添え状の書き方はこちらの記事で詳しく解説しております。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links