こいのぼりの由来とは?3つの重要ポイント解説!

この記事は4分で読めます

5月5日、端午の節句の時期になるとお子さんのいるご家庭では、鯉のぼりが上がるのを見かけることがおおいですね。

 

我が家も、男の子なので鯉のぼりを飾るのですが、鯉のぼりを飾るようになったのはなぜか、吹きだしは何の為にあるのか疑問に思ったことはありませんか?

 

 

家の息子が「なんで〜?」と聞いてくる前に調べてみましたので、今回は、端午の節句に飾る【こいのぼりの由来(色)】【吹き出しの由来】

 

そして、【端午の節句と柏餅、粽を食べる由来】についてもご紹介します。

 

 

ではまず、こいのぼりの由来からお伝えしていきます♪

 

 

 

 

Sponsored Links

 

こいのぼりの由来と色の意味は?

 

鯉のぼりは武士の文化ではなく、町人の文化です。

 

江戸時代に始まったと言われています。

 

 

鯉は魚の中でも生命力がとても強く、『子供が忍耐強く、強く立派な人になるように』という願いから飾られるようになりました。

 

また数ある魚の種類の中から鯉が選ばれたのは、鯉が生命力の強い魚だからです

 

 

鯉の滝登りは有名ですし、池や沼地でも生きていけるほど強いです。

 

中国の故事によると、ある一匹の鯉が激しい滝を登りきった所(竜門)鯉が竜に変身し、そのまま空高く登っていったと伝えられています。

 

これも鯉が選ばれた理由の一つです。

 

 

こいのぼりの『五つの色』(青、赤、黄、白、黒)も中国が由来です。

 

五行説というものに由来していて、魔除けの意味があるようです。

 

子どもを邪悪な物から守るという意味もこいのぼりにはあるのですね。

 

 

昔は今のように大人になるのが当たり前ではなかった事が伺えますね。

 

それでは次に、吹き出しの由来を見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

吹き出しの由来は?

 

吹き出しの由来は、『招代(おぎしろ)』と呼ばれるものから始まったとされています。

 

そんな中でも、子どもが男の子の場合は先っぽに印を付けていました。

 

 

目印なので遠くから見ても分からなければ意味がありませんよね?

 

なので必然的に目立つもので、風邪にたなびく布がつけられたのです。

 

これが吹き出しの由来になっています。

 

 

初めは招代(おぎしろ)だったものが(町人が間違えたのか、それとも似てれば同じ!が江戸っ子気質なのか)いつの間にか『榊(かさき)』や『杉の葉』になっていき、

 

kasaki
※かさき

 

それらがさらに変わっていって、『駕籠玉(かごだま)』になり、それから矢車をが加わりました。

 

 

矢車をつけたのは音が鳴る物をつけたいから、ということなので、やはり目立たせたかったのでしょうか。

 

駕籠玉がをつけたのは江戸も末期なので意外と最近の事なのですね。

 

 

 

端午の節句の由来とは?

 

端午の節句のとは5月の初めの丑の日と言う意味です。

 

『端午』に午の日、『節句』は始めという意味なので、最初の丑の日となるのですね。

 

 

さらに5月はどこから来るかというと、『午』は(ご)と読みますよね?

 

(ご)⇒五ということで、五月となりました。

 

意外と単純ですね(笑)

 

 

鎧兜を飾る理由は?

 

端午の節句には男の子は鎧兜を飾るわけですが、この由来は武家社会に通じます。

 

武家と言えば、鎧兜を来て出陣するわけです。

 

これは身を守るためです。

 

 

さらに昔は鎧兜を寺社などに奉納するしきたりもあり、それらから派生して『男の子の身を守る』という意味合いでこれらの物を飾るようになったのだと言われています。

 

 

また、端午の節句にはちまきや柏餅を食べることも風習となっています。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

 

ちまきと柏餅の風習の由来は?

 

粽(ちまき)のルーツも中国にあります。

 

昔の中国の文化の中で粽は『忠誠心の象徴』となっています。

 

昔の日本では将軍様に忠誠心を近くのが当たり前の文化なので、その習わしとして粽を食べる習慣がついたようです。

 

feaae

 

そして柏餅ですが、特に大事なのは柏の葉の方です。

 

というのは、柏の葉は冬になっても落葉せずに新芽が芽吹くまでずっと頑張ります。

 

 

昔は家を絶やさない事が重要な事だったので、(今もかもしれませんが・・)

 

後に続く葉(人)が芽吹く(成長)するまで己は耐えない(死なない)=必ず跡継ぎを作る という意味合いで縁起がいいのです。

 

 

その縁起がいい柏の葉で、何かにつけて(正月やお彼岸等々)縁起のいいお餅を巻いて食べたのが柏餅の由来です。

 

 

こいのぼりや端午の節句の由来一つとって見ても、色々と理由があるのですね。

 

 

日本の伝統的な風習が中国の故事とも密接な関わりがあるとは・・

 

少し意外でした。

 

Sponsored Links

 

〜こいのぼりと端午の節句の由来まとめ〜

 

では一度今回の内容をまとめてみましょう。

  • 鯉のぼりの由来は
    『忍耐強く、強く立派になるように』
  • 吹き出しの由来は
    『元気で勇敢な武将になるように』
    そして魔除けの効果があります。
  • 端午の節句は
    『男の子の立派な成長を願うもの』

となっています。

 

みなさんのお子さんが立派に成長していきますように。

 

 

全国のこいのぼりのイベントはこちらです。
⇒ 2015全国のこいのぼりイベント

 

 

こいのぼりは大きさではなく、意味合いが大事ですよね。

 

家は庭にドデカイこいのぼりを泳がせるスペースはありませんので、ベランダに小さいフナみたいな鯉を泳がせたいと思います

 

粽(ちまき)は手作りしようかな〜♪

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links