ゴールデンウィークの由来は昭和26年にあった?

この記事は2分で読めます

昨日の夕飯の時、小学生の息子に
「ゴールデンウィークって、なんで、ゴールデンウィークって言うの?」
と聞かれて焦りました。

その時は
「なんでだろうね~?勉強になるから、自分で辞書で調べてみたら?」
と言いましたが、実は私も知らなかったんです。

 

息子をごまかして、その場は切り抜けましたが、
気になって夜も眠れないという天罰が下りましたので、
自分のために、いえ、子どもの教育のために、調べてみました!(笑)

096296

調べてみたら奥が深くておもしろかったです!

それでは、早速「ゴールデンウィークの由来」に迫ってみたいと思います!

Sponsored Links

ゴールデンウィークの由来とは?

ゴールデンウィークの由来には
1951年(昭和26年)、5月の連休に公開された映画と関係があります。

この時の興行成績が、お正月や、お盆より良かったことから、
映画業界の活性化を目的として、「ゴールデンウィーク」という言葉が生まれたと言われています。

元々は、5月3日~5月5日までの3日間がゴールデンウィークとされていましたが、
その後、祝日法の変更により、現在は4月29日(昭和の日)~5月5日(こどもの日)前後の土・日・振替休日を含めて、ゴールデンウィークと言われています。

 

ではゴールデンウィークと命名したのはどなたなのでしょうか?

ゴールデンウィークと名付けたのは誰?

ゴールデンウィークと名付けたのは
1951年(昭和26年)当時、大映の当時宣伝企画部長だった、
松山英夫さんだと言われています。

「ゴールデンウィーク」という言葉は、同氏が作成したとされる和製英語です。

「ゴールデン」という言葉は、
ラジオで最も視聴率の高い時間帯を指す「ゴールデンタイム」に習ったものとされています。

現在はラジオよりもテレビの「ゴールデン」の方がなじみがありますね。
さて、では海外で「ゴールデンウィーク」と言いたいときはなんといったらいいのでしょうか?

Sponsored Links

日本人観光客の多い観光地では、
“Golden Week”や、“Golden Week holidays”で通じます。

 

でも実は、ゴールデンウィークという和製英語を、
NHKでは使わないのです。

NHKで「ゴールデンウィーク」とは言わないのはなぜ?

NHKでは、「ゴールデンウィーク」の代わりに、
「大型連休」「春の大型連休」という表現が使われています。

その理由は、

  • 映画業界の活性化が目的でできた言葉なので、業界の宣伝になってしまう
  • のんきに何日も休めないのに、『何がゴールデンだ』という苦情の電話が来る
  • 前後の土日を加えると、10日ぐらいになることもあるので、ウィークではない
  • 外来語・カタカナ語をできるだけ避けるため

などです。

NHKが「ゴールデンウィーク」を使わないのは、
「公平・公正の立場」「正確さ」など、放送倫理に基づく見解からでした。

076526

のんきに何日も休めないのに、『何がゴールデンだ』という苦情の電話が来るとは・・・
そんな時間があるのはのんきに休んでいるからだと思えてきますが・・。

では「ゴールデンウィークの由来」をまとめてみましょう。

ゴールデンウィークの由来まとめ

ゴールデンウィークの由来を簡単にまとめると、

  • 「ゴールデンウィーク」は、1951年(昭和26)の5月の連休に公開された映画がヒットしたことをきっかけに、映画業界から生まれた、和製英語でした。
  • 和製英語ですが、海外では、“Golden Week”や、“Golden Week holidays”で通じる。
  • NHKでは、「ゴールデンウィーク」の代わりに、「大型連休」「春の大型連休」という表現を使う。

でした。

これでゴールデンウィークについて聞かれても、
スマートに答えられますね!


息子の向学心が、私を超えているという点については、
親としては嬉しい反面、複雑な気持ちになりました。

まだまだ、息子には負けられません!

 

親としての意地ではなく、
いくつになっても、子どものような好奇心で、
いろいろなことに興味を持っていきたいですね!

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links