お中元の時期の違いにご注意を!マナーと手順も解説!

この記事は2分で読めます

社会人になると、お中元を贈る機会が出てきます。

何となく、スーパーにお中元コーナーが設置されると、
「贈らなきゃな・・・。」と思い出しますが、
忙しい日々が続くと、ついつい後回しになってしまいがちですよね。

 

私はいつも、お中元コーナー終了間近に慌てて送るのが定番でしたが、
それを実母に怒られたことがあります。

 

お中元はいつ送るのがマナーかご存知ですか???
又、先方が喪中の場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

お中元は何を贈るかにとらわれがちですが、
いつ送るのかのマナーも忘れてはなりません。

私みたいに時期を考えずにいると、だらしない印象を与えかねませんね。

Sponsored Links

そんな経験もあり、お中元を贈る時期とマナーについて調べてみましたので、
私のような失敗をする前に参考にしてみてください♪

 

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は地域によって異なりますので、注意が必要です。

  • 関東地方は新暦で行いますので、7月初めから中頃まで
  • 関西地方は旧暦で行いますので、8月初めより中頃まで

に贈るのが一般的です。

 

お中元時期の混雑を避けるためや、
お中元が集中して届くのは大変だろうという相手の方への気遣いから、
最近は6月から贈り始める人もいるようです。

 

更に忘れてならないのがマナーですよね?

一目置かれるように基本を押さえておきましょう。

ƒvƒŠƒ“ƒg

お中元を贈る際の大人のマナーとは?

さらに相手の方へのワンランク上の気遣いとして、

品物を配送で贈る場合には、
品物が届く少し前に、お世話になったことへのお礼や、
【どんな品がいつごろ届きますのでお納めください】というような内容を
あらかじめハガキに書いて郵送しておくというマナーもあります。

Sponsored Links

補足になりますが、

  • お中元は、正月~お中元の時期までにお世話になった方に対して感謝の気持ちを形に表して贈るもの、
  • お歳暮は、お中元~年末までに世話になった人に対して感謝の気持ちを形に表して贈るものです。

仕事などで一時的にお世話になった方にずっとお中元やお歳暮を贈り続けるのは大変です。

お世話になった時期で、いつまで送るか判断してみてください。

 

先方が喪中の場合も注意が必要です。

こちらの動画で解説しています。

 

お中元の時期とマナーについてはよろしいですか?

一度一緒に復習しましょう。

 

お中元の時期とマナーの復習

今回の内容をまとめますと、

お中元を贈る手順は

  1. 地域ごとの贈る時期を確認する。
  2. お中元の手配をする。
  3. ハガキを出す。

となります。

最低限のマナーを知っておけばお中元は簡単です☆

 

相手に合わせて贈り物を帰る事も大事ですよ。
男性に贈るならビールが無難ですし、
主婦の方ならハムがポピュラーです。

114290

色々あるので相手に合わせて選んでみて下さい。

私の場合、子育てや仕事で忙しい毎日の中で
夫の仕事関係や義理の両親にまで気を遣う余裕はなかなかありませんが、
これも自分たちの為だと思えばしっかりやらなくては!と思います。

上手にこなして、『内助の功』目指しましょう♪

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

管理人プロフィール

・26歳でフィリピンで詐欺に遭った僕。無一文になった僕がどうしたのか?

・毎日子供と奥さんと遊びながらほぼ自動で僕がどうやって1000万以上もの所得を得ているのか?

について赤裸々にお伝えしたいと思います。
こちら。

Sponsored Links